FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

ゼルダの伝説 スカイウォードソード-その4 錬石場に入るのもうちょっと待ってれば奴が岩を壊してくれたのにな

kanssya
感謝の気持ち見つけたよ~

夜のパンプキンバーで見慣れない形の物体に近づいてみたら、これが感謝の気持ちだったみたいです。
そういえばパンプキンバーでのことについて書いていませんでしたね。
シャンデリアの上にあるルピー取ろうとか思うなよ!?壁にアタックとか絶対ダメだからな?絶対するなよ!?
ということでしたので、シャンデリアを落とさせていただきました。
でも私だってルピーだけなら取ろうと思わなかったですよ。そこにハートのかけらがあったからいけないんですよ。

そしてシャンデリア弁償のためにアルバイトをすることになったわけですが、最初のバイトはスープの配達。あきビンくれるのかと思ったけどくれませんでした。
5分以内に「スカイロフトの騎士長」に届けるということですが…騎士長って誰だったっけ?と思いながらスカイロフトに向けて飛んでました。
剣道場にいたあの人がなんかそんな感じに言われてた気がする…という非常に曖昧な記憶で剣道場まで向かい、Aでダッシュしようとしてスープはリンクの胃袋の中へ…
再度バーと剣道場を往復する羽目になりました。時オカみたいにZ注目しながらCでセットしてあるものを見せる…とやらなくてもいいんですね。持ってるだけでいいのか。

クーコのお母さんから発生した感謝の気持ちも合わせて魔族のおじさんのところに見せに行くと、大きなサイフをくれました。これでルピーが500まで持てるようになりました。
そんなもの貰えるなんて知らなくてテリーの店で予備のサイフ2個目買っちゃったから、1100まで持てるようになったんでしょうか?かなり貯めこむことできるんですね。貧乏性の自分としてはムジュラみたいに銀行があるとありがたいのですが。


さて新しく行けるようになったのはラネール地方。ラネールといえばトワプリではゾーラの里とハイラル城があった水と緑豊かな土地ですが、大地に降り立って見たものは広がる砂漠と打ち捨てられた小型のロボット。
なんでも近年一気に砂漠化が進行したらしいです。鉱山資源採り過ぎたんですかね?

しばらく進んで黒っぽい岩を見つけ(時空石というらしい)、それに衝撃を与えてみると…なんと、その周辺だけ緑が蘇り、朽ちていたロボットが働き始めました。
ファイが言うにはその部分だけ過去の時間に戻ったんだそうです。スゲーな…

流砂に飲み込まれながら広い砂漠をダウジングを頼りに歩いていきます。
流砂の中では恐ろしく早くがんばりゲージがなくなりますね。何ハァハァ言ってるんですか勇者さん変態ですか?という台詞が頭に浮かびますが、このリンクはまだ勇者ではない。
道中出会ったロボットさんがビートルを改造して、物を運べるようにしてくれました。
主にバクダンの投下に使いますが、地面にいるのではなく木の上にとまっている鳥なんかには投下ではなくそのまま特攻かけるほうが楽ですね。壊れないって便利!


そして砂漠の奥地にあったのはなんと時の神殿。
でもマスターソードはまだこの時代ないし、一体ゼルダは何の目的でここへ…
入り口は岩で塞がれていて入れなかったのですが、時空石の錬石場が神殿へ繋がっているということなのでそちらへ向かいます。

ここでもダンジョンに入るためには鍵を探す必要がありました。
小さなカギ、ボス部屋の鍵に加えて入り口の鍵も探すの定番になったのか。
そうしてこの辺りでようやく、電気を帯びた敵が多いラネール地方では今装備している鉄の盾では不利であることに気付きました。
木の盾→鉄の盾は上位互換というわけではないんですね。一旦空へ戻り、木の盾を強化してもらってついでに補給も済ませます。
強化した盾は鳥の模様が2つに増えていました。盾のデザイン面白いですよね。

しかし電気を通さない盾になったといってもテクノボコブリンと戦うのは苦手です。
あいつらすぐに電気の通った剣で防御してくるせいでダメージ受けるし、隙を見つけようとウロウロしてると切られるし。バクダン置いたら逃げられたし。現在のボコブリンよりも時空石があった時代のボコブリンの方が強いじゃねーか!


3つの鍵も集めて暗号も解き、ついに錬石場が姿を表しました。
中は廃工場のようになっています。ところどころにある時空石で時間を戻し、機械を作動させながら進みます。
あちらこちらで小さなサソリがたくさん湧いているのがなかなかに気持ち悪いです。
ちょっと迷う場面はありましたがそれほど詰まったりはせず、割と順調に進みました。

このダンジョンでの新アイテムは、まほうのツボ。名前だけ見て魔神でも出てくるのかと思いましたがそういう訳ではなく。風を起こす装置です。
これで敵や砂を吹き飛ばしながら進みます。
砂の山が吹き飛んで無くなるのはいいとして、部屋いっぱいの砂がこれで吹くと無くなるのはどういうことなのでしょう…
消えたように見える砂がもしその辺を漂っているだけなら部屋の空気が酷いことになりそうだ。ゴーグルとマスクは必須ですね。
だとしたら、吹き飛ばすよりも吸い取る装置の方が便利なような気がする。吸引力の変わらないただ1つのツボ。


このダンジョンは今までの2つと比べてちょっと広かった印象があります。仕掛けが多くて移動に時間がかかったからそう感じるだけでしょうか。
ベルトコンベア逆走したり、警備ロボット倒したり、工場らしいギミックが面白いダンジョンでした。

ボス部屋のカギを手に入れ、その先に待ち構えていたのは巨大なサソリ。1000年かけて成長するとファイが言っていた小さなサソリの成体か!?
sasori
ハサミの方にある程度ダメージを与えて、ハサミが両方とも無くなると今度は砂に潜って尾の方で攻撃してくるようになりました。
というわけでまほうのツボを取り出して、砂の中のサソリを探し出します。何これ楽しいー!!オラオラ隠れてないで早く出てこいよ~
前回のベラ・ダーマ戦は完全に追いかけられる方だったので大分怖かったのですが、追いかける方はこんなに気分がいいとは。

時折出てくる小さいサソリに邪魔されながらも目玉を突いて、ボス戦勝利!奥の部屋に進みます。
石版も全部集まってるし、3つ目のダンジョンをクリアしたわけだから、絶対何かが起こる。


道を抜けた先は、確かにあの岩の向こう、時の神殿に繋がっていました。
そこにはハープを奏で、歌を歌っているゼルダとインパが。向こうもこちらに気付き、お互いに駆け寄ろうとしたところで突然岩が粉砕され、ギラヒムがやって来ました。お前!こっちがその岩越えるためにどれだけ遠回りしてきたと思ってやがる!

リンクの進行方向を魔力の壁で塞ぎ、ゼルダに近寄ろうとしたところでギラヒムはインパに止められます。その間にゼルダはこちらへハープを飛ばしてきました。
harp
うん確かにそれどころじゃないけど!それメッセージで言っちゃうかな!?

そしてインパが「扉」と呼ぶもの方へゼルダが行こうとした時、インパの防御が破られます。
そしてその瞬間、魔力の壁が弱まったことに気付いていたリンクが上空から攻撃!
tokino
ウヒョーかっこいいー!
カッコつけて選択肢を「早く行け!」にしたけど、「間に合った?」っていうのは大地の神殿で「お前は間に合わなかったのだ」って言われたことに対しての「(今回は)間に合った?」っていう返しだったのか。こっちにすればよかったな。

ゼルダとインパは「扉」に入った後扉ごと消え、ギラヒムも後を追うらしく消えてしまいました。去り際にインパが言っていた封印の地の老人に会うため、次回はまたフィローネ地方ですね。

テーマ:ゼルダの伝説 スカイウォードソード - ジャンル:ゲーム

ゼルダの伝説 スカイウォードソード-その3 なんであの黄色はクリアするとサングラス掛けるんでしょうね

オルディン地方に降りることができる光の柱は、神殿の方から向かうと近そうなので神殿へ向かいます。
その道中、島に住むクーコという女の子がいなくなってしまったということを彼女の母親から聞かされました。スルーできそうな感じだったし、正直僕はゼルダを探すために急いでるんですけどねぇ~と言いたいところですが、どこにメインストーリーのフラグが転がっているか分からないのでね。喜んで探させていただきます!

とはいっても手がかりまるで無し。どうしたものかと考えて、とりあえず聞き込みです。
ついでにスカイロフトの東のほうはまだ行ったことがなかったので散策する。
Z注目で人間の情報もファイから聞けるんですね。
キコア先輩の家はスタルチュラハウス思い出してビビったよ!ただ掃除が苦手なだけかよ!

人々の話を総合すると、クーコは昨日墓地の方へ行ったと。そして墓地には何やら化け物が住んでいるらしい。
どうせ化け物とか、何かの見間違いだろ~と思ったらホントに魔王のような見た目の魔族が住んでた。
でも中身はただのおじさんでした。クーコも一緒にいました。
この魔族、人間になってみんなと仲良くなりたいらしいです。
感謝の気持ちを集めるといいらしいですが、どうやって集めるんだろうな?まだ見つけたことがないので分からないです。


感謝の気持ちのことはとりあえず置いといて、今度こそオルディン地方に出発。
このオルディン火山というのが後のデスマウンテンなのでしょうか。
ゴロン族にまた会うのかなぁと思っていたのですが今回は会わず。代わりにいたのはモグマ族という地中に住む種族でした。彼らからは地面を掘るためのツメとボム袋の2つもアイテムを貰うことになります。

ゼルダを探して、バクダン花を駆使しながら火山を登っていきます。前回の神殿とは違い、ここは落ちると下がマグマでダメージを受けるので迂闊に試行錯誤ができません。
さらに慣れないリモコンでのバクダン花の投げる・転がすの操作ミスでライフは常にピンチ。
それでもまあなんとかギリギリやってこれました。
沈む足場の先にある爆破ポイントまでどうやってバクダンを抱えながらダッシュするんだろうと大分悩みましたが。持って行くんじゃなくて転がすんですよね。

大分上のほうまでやってきましたが、行き止まりのようです。
そこにあったのはモグマ族のコンサイさんが開いている店で、明らかに目的地とは違います。
それでも何かの手がかりをくれるかなぁと思ってとりあえずミニゲームをプレイ。バクダンを掘り当てるまでルピー堀り放題。
Minesweeper
ちょうど元をとったぐらいのところでバクダンを掘り当てました。
後で回りにいるモグマ族に聞いたのですが、このミニゲームはマインスイーパみたいに、掘り当てたルピーの金額で隣接マスにあるバクダンの数が分かるんだそうです。

…で、結局手がかりナシ。
もう一度戻って火山をウロウロしてみましたが他に道も無し。
ライフも危なくなってきたしどうすればいいんだ…と疲れて再びコンサイさんの前まで来てA連打していたら、偶然椅子に座って会話が始まり、思わぬところでヒントをくれた上に、ライフの回復まで。
椅子に座るとライフ回復するのか…!

ボコブリンのやぐらは、トワプリではアタックで上にいるやつを落とせたけど今回は無理だったのでギミックのあるオブジェだとは認識していなかったんですよねぇ。まさか橋にできるとは。
ここまで散々悩んでやっとゼルダがいるらしい神殿の前にたどり着きましたが、今度は神殿の鍵が5つに分かれているので大捜索です。
謎解きで詰まることはなかったのですが何にせよ範囲が広いので更に疲れました。

ようやく神殿の中に入ることができ、ここからが本番です。
でもこの大地の神殿はあまり広くはありませんでした。…が!
盾を破壊してくるリザルフォス、いたるところに流れる溶岩とバクダンの操作ミスで削られるライフ、おかげでクスリを買いに2回ほどスカイロフトに戻る羽目になりました。さらに初めてゲームオーバーにもなりました。
盾で上手く攻撃を弾けないと一気に盾ゲージ減りますね。中ボスのリザルフォス2体はドドンゴの洞窟の時と同じくらい苦労しました。

あと、せっかく地図に☓印がつけてあったのにそれが何を意味するのか気づけなかったのがプレイ時間が長引いた原因かなと。せっかくの製作者の親切丸つぶれだよ!
でも壁のヒビがよく見えなかったんだよ!きっとテレビが悪いんだ!トワプリの時にも触れたSHARPの10数年前の21インチテレビまだ使ってるんですよ!放送は映らないけど。テレビ見ないから買い替える気ないよ!
トワプリはまだ4:3に対応してましたけど、これは完全に16:9ですよねー。

無駄な苦労をしながらも奥へ進むと、ボス部屋の鍵は仕掛けも何も無い普通のところに置いてありました。
これは何かあるな…と警戒していたら、いきなりインディー・ジョーンズが始まりましたよ。

私インディー・ジョーンズ見たことないので、インディー・ジョーンズ=岩という方が正しいのかどうか自信が無かったんですがLEGOのパッケージ見る限り間違ってないようですね。よかった。
indy
ここは岩にぶつかったら1発でゲームオーバーです。妖精がいてもです。後のイベントに繋がらないので。ええ3回ゲームオーバーになりましたとも。
カメラを後ろからの視点に直しているヒマもないので、手前に向かってダッシュでようやく避けられました。
その後岩は竜の像の口に飲み込まれ、ボス部屋の先へ。

こちらも鍵を開けて部屋の中に入ると、そこにはまたあのギラヒムがいました。
どうやらまたゼルダに逃げられたようで、でかい口叩く割にしょーもないなぁと竜巻で別れて以来一度もゼルダに会っていない自分を棚に上げて思う。
あと、「我らが主の復活にあの巫女が必要」とちょっと気になることを言っていました。

ギラヒムの魔法か何かで、あの大岩から溶岩の手足が生え、ボスのベラ・ダーマへと変化しました。あれ、これ自分はもうボスに3回負けたことになるんだろうか


1本の坂道になっているフィールドを登ってくるベラ・ダーマ。しかし途中で両脇に生えているバクダン花を爆発させて、その衝撃で下まで転がっていきます。放置していてもこれをずっと繰り返すのですがダメージをくらっている様子はありません。
その後火炎球を吐いてくるのですが、その予備動作の間にバクダンを口の中に入れればいいと気付いたのは1回ゲームオーバーになってから。爆発した後目玉を攻撃しなければいけないと気付いたのはさらに後でした。
ゲームオーバーになった後ってファイが助言をくれるんですね。

トワプリの時は確かBボタンのアイテムは使う時もBでしたよね?その名残でバクダン転がそうとしてB2回押してしまっちゃうんですよ。
その間に向こうは体制を建て直してしまうんですよねぇ…
素早い動作が必要なボス戦においてこのロスは大きいですよ。慣れないと思い通りにいかない。

ファイの働きに不満はありません。至るところでアドバイスや小ネタを提供してくれて、装備のチェックをしてくれて、果てはプレイ時間やWiiリモコンの電池の残量まで伝えてくれるあなたには頭の下がる思いです。
でも、少しでいいんです。バクダンを投げてくれるだけでいいので、戦闘を手伝ってくれたらすごく楽になると思うんですよねー。

ナビィや赤獅子さんは手伝えないの仕方ないと思うんですよ。
でもミドナは割と手伝ってくれましたよね。B長押しで範囲攻撃。
ファイもせっかく人型なんだから、バクダン投げてくれたら…と、ナビゲーションキャラに過剰なサポートを期待してしまうほどには操作ミスをしていました。
でも、ファイ=剣と考えたら今まで手伝いどころか彼女メインで戦ってたことになる。( ゚д゚)ハッ!ギラヒムが「その剣に感謝しなよ」と言っていたのはそのことか…!?

うん、まあこのボス戦を一言で言うと、

dama

すごく怖かった…
だってあいつ、追いかけてくるんだぜ?坂の下の方から…
でも離れすぎると火炎球を打つまでにバクダンが届かないんだぜ…


結局40分くらい戦ってたみたいです。
神殿までの道のりで一苦労、鍵探しに一苦労、神殿の中でまた一苦労、ボスを倒すのにも手こずって、何回ゲームオーバーになったかな…
とにかくオルディン地方の旅は疲れました。

やっとのことで先に進むことができ、今までずっとニアミスしていたゼルダとようやく顔を合わせることができました。
彼女は一瞬嬉しそうな顔を見せたものの、そばにいた女性…多分インパだよなこれ…に促されて、リンクを置いてすぐに何処かへ行ってしまいました。
インパ(仮)に力不足を指摘されるも、ゼルダに会えたことで気分が上向いているらしいリンク。
ゼルダをさらに追いかけるため、次はラネール地方です!

テーマ:ゼルダの伝説 スカイウォードソード - ジャンル:ゲーム

ゼルダの伝説 スカイウォードソード-その2 その服は笑ってあげるべきなのか、笑わないでいてあげるべきなのか

旅立ちのための準備も終わり、いよいよ未知の世界である「大地」へ向けてレッツダイビング!!

女神の力でスカイロフトと大地を隔てていた厚い雲に穴ができ、そこから大地へ下りられるようになりました。

dive
…だからと言って身一つで飛び込むか!?高度何mかは知りませんが、失敗したら確実に死が待っている高さ。せっかく鳥に乗ってるんだから鳥で降りればいいじゃん!
そしてこれだけの高さでもパラショール1枚で無事に降りることができました。着地前にBを押すことができたのは奇跡。押してなかったらどうなってたんだろう。


降り立ったのは森の中で、封印の地と呼ばれる場所でした。螺旋状になっている場所の一番下にあった、禍々しいオーラを纏う物体に女神の剣の力を当てると、近くにあった扉の封印が解けたようでした。
扉の先には老婆がおり、後々イベントに深く関わってきそうでしたが今は少し話を聞いただけで終わり。ゼルダがこの先に行ったというので後を追います。
ここで教えてもらえるのろしは、はじめは使わないからいらないかなぁと思っていたのですが後にスカイロフト周辺に無数にある浮島を移動する時に役に立ちました。

先に進むと、そこは「フィローネの森」。トワプリにも出てきた地名ですね。あの時代まで名前も森も残ってたのか。
ゴロン族がボコブリンに囲まれていたので助けます。本格的な戦闘はここが初めてです。
敵のガードの方向を見極めて、裏をかいて攻撃を当てるーというのが今作ではリモコンによる剣の操作で可能。すごく楽しいです。あとAでバックステップはトワプリと同じなので、ついA連打で回りこんで背面斬りを期待してしまう。

まあ雑魚なので軽く倒し、ゴロンから大地に伝わる天空の伝説を少し聞いて更に奥へ。
するとまたボコブリンの集団に襲われている人がいました。
こいつらは強くもないのにいつもいつも集団で行動しているせいでトワプリの時も面倒くさかったんですよねぇ…そういえば今度ゼルダ無双が発売するらしいですね?ボコブリンも敵として出てくるんだろうか…?と思って今初めて動画見てみたら予想以上にボコブリンだらけでした。画面いっぱいに広がるボコブリン。悪夢でしかない。

そして今度襲われていたのはゴロンではなく…
matyaaaa
あらかわいい。鳴き声もかわいい。
ファイが言うには森に住むキュイという種族らしいです。名前はマチャー。かわいい。
彼の話を聞くと、ゼルダはキュイの長老と一緒にいるということなので長老のところへ行きます。
長老はリンクの2倍はあろうかという巨大なキュイでした。それだけデカい図体でボコブリンに襲われるって一体。あ、でもあいつら刃物持ってるしな…刃物は恐いよな…
魔物に襲われた他のキュイ達が心配だというので、残り3匹のキュイを森の中を探し回りました。正直ダウジングはあまり使わなかった。
途中、デクナッツとの戦いで盾がぶっ壊れました。意外と壊れるの早いですね。
一旦スカイロフトへ帰り、盾とついでにテリーの店で虫取り網も買いました。虫がいるのを見るとつい気になってしまうので。本当は財布を拡張したほうがよかったんでしょうけど。
あと、木の実を突くと剣に刺さるのが地味に面白かった。


そしてゼルダは1人で森の奥にある天望の神殿に向かったということでした。初ダンジョンです。
中はキノコやら苔やらが大量に生えていて薄暗いです。
モンスターはデクババや緑ボコブリンには苦労しなかったのですが、スタルチュラにはちょっと苦労させられました。上手く剣を当てて裏側を攻撃しないといけないんですが網を張ってる奴は近づくと攻撃してくるし。
地面を歩いてる奴はどうやって裏返せばいいのか分からなくて危うくライフが0になるところでした。下からすくい上げるのね。
ファイの説明にネタが入ってる時があるから聞きたいんだけど攻略法は自分で考えたいというジレンマ。パンツへの執着とは一体。

仕掛けの方は最初のダンジョンということもあり、ほとんどスイッチをいれるだけという単純なものでした。でも目玉に「尖ったものを見続ける習性がある」と聞いてすぐ剣で目を回させることを思いついた自分を褒めたい。
いつもだったら思いつくまでにかなり時間かかりそうなのに、なぜこの時だけ。
あと最後の部屋で、蔓を乗り継いでボス部屋の鍵を手に入れる所。結局は自分の飛び方が悪かっただけみたいですが何度やっても上手く行かず、まだ見逃している仕掛けがあるのかとずっと部屋をぐるぐるしていたのが一番苦労したところですね。
そういえば今回は落ちても体力が減らないんですね。他のシリーズではシビアな飛び移りを何回も失敗してピンチに…なんてこともよくあったのですが。

さて無駄に苦労しましたがボス部屋の鍵も手に入れ、どんなボスが待ち受けているのかなーと扉を開けたところ。
girahimusama
そこにいたのは、魔族長を名乗るファッションセンスが奇抜な男・ギラヒム。
ゼルダを追ってこの神殿までやってきており、彼女が飛ばされたあの竜巻もこいつの仕業なんだとか。
ここで彼と戦闘になります。攻撃は2パターンしかないのですがまだ自分が剣の間合いを測りきれてないらしく(壺壊すときもよく空振りするし)、結構なピンチになりました。
奴の飛ばしてくる弾を弾き返すか、斬撃を盾で止めて攻撃するか…この繰り返しで壺で回復しながらも勝ち…というか向こうの気が収まっただけらしい。戦っている間にゼルダが移動してしまったらしいので、ギラヒムも何処かへ消えてしまいました。

余談ですが、戦闘前にギラヒムが「君のような子供にムキになるのも~」と言っていたのを見て思った…というか前から思っていたことを思い出したのですが。
子供リンクと区別して、時オカ7年後世界のリンクと、トワプリ、スカウォのリンクことを「大人リンク」って呼んでますよね。でも大人リンク(16~7歳ぐらい?)もまだ十分「子供」と言える歳なんですよね~。と言って他に子供リンクと区別するときの上手い言い方見当たらないし。ここのところモヤモヤします。

神殿の更に奥に進むと、そこには美しい泉がありました。もしかしてトワプリでフィローネがいた泉か。
そしてファイが古の言葉を翻訳すると言っていきなりフィギュアスケートのごとく踊りだしました。古の言葉って肉体言語なの?
その言葉によると、ゼルダは別の聖地であるオルディン地方に既に向かったとのこと。地上に降りるための新しい石版も手に入れ、次はオルディン地方に向かうことになりそうです。

テーマ:ゼルダの伝説 スカイウォードソード - ジャンル:ゲーム

ゼルダの伝説スカイウォードソード-その1 シャッドに笑われたことを未だ根に持つ勇者は旅立つ

skyop

初回特典のCDが欲しくて予約して買ったけどその頃はゲームができる状況じゃなかったので積んで放置、その後なかなかやる機会がなかったスカイウォードソードをプレイするぞー


OPでは何やら舞台となるスカイロフトができた頃の戦いの話が語られています。
なんかゴロン族っぽいのがいた気がするけどまあこの辺は話を進めていくうちに分かるからいいでしょう。
黒くて巨大な超恐い化け物もいたけどまさかあれと戦うのか…?

そしてリンクは自室のベッドから転げ落ちて目覚めます。どうやら大きな鳥が起こしに来てくれたらしい。『リンク』はいつもゲーム開始時寝てますよねぇ。

鳥(ロフトバードというらしい)は幼馴染のゼルダからの手紙を運んできていました。どうやら今日は約束があるらしい…というわけでゼルダのところに向かう…わけではなく、まずは散策ですよね!

画面左上に表示された文字は「騎士学校」ということで、リンクは騎士を目指している学生のようですねー。
自室を見回してみると、作りかけの彫刻と自作らしい彫刻がありましたよ。彫刻が趣味なのか?
部屋から出てみると他の学生の部屋もありましたが、全て鍵がかかっていました。今は余計なことができないようになっているようですね。
爽やかイケメンのキコア先輩と話したり、タルの運び方のレクチャーを受けたり(今回はリモコンで投げたりツボを転がしたりできるんですね)ネコ(?)を運んだりでひと通り見て回ったのでゼルダの許へ向かいます。
操作の感じは大体トワプリと一緒だったのですがCボタンで見回し中にスティックで歩けるのがトワプリと違って少し戸惑いました。
あと先生とかが「リモコンの調子がおかしいと思ったらメニューを開いて~」とかって真顔でメタ発言をするのが仕方ないとはいえすごくシュールで笑える。

WC
トイレに座って寝る。

さて、神殿前にいたゼルダは、今日リンクも参加するらしい「鳥乗りの儀」の衣装を着ていました。
gyaruge
え、何この選択肢?恋愛シミュレーション?
まあストーリーに変化が無いのはわかってるけど、ここは無難に「よく似合ってる」で。
そして鳥乗りの儀の練習をしようという話になったのですが、リンクの相棒である鳥がリンクが呼んでも来ない。危うく死ぬところでした。
しかしここの人達は、飛び降りてから鳥を呼ぶとかすごく恐いことしますね。私たちが鉄の塊にのって飛ぶことに何の疑問も抱いていないように、恐いとは思わないんでしょうねぇ

相棒のロフトバードを探していると、鳥を閉じ込めてやったとか話している男三人組が。
リーダーらしき男のバドはリンクのことをすごくバカにした態度で突っかかってきます。
どうやらこの男も鳥乗り儀に出場して、リンクと勝負するらしい。
で、選択肢が「必ず勝つ」「僕の鳥を返せ」「すごい髪型だな」の3つ。
…これは「すごい髪型だな」を選ぶしかないでしょう。「人の美学にケチをつけるな!」とか言われました。
この後もちょくちょく選択肢がでてくるのですが、上が熱血、右が皮肉屋、左が天然ボケでキャラ設定してるんだろうか。左は敵が襲撃してきたら食堂のパンを守れとか言い出しそうだ。
syokudou


バドたちから鳥の居場所を聞き出すのは諦めて情報収集してみると、どうやらあいつらは滝のところにある洞窟に鳥を閉じ込めたらしい。そこは危険な生き物が出るらしく、剣道場へ剣を持ちに行きました。
トワプリでは縦斬り、横切り、突きぐらいしかリモコンの動きに対する反応が無かったのですが、今回はこっちがリモコンゆらゆらしてるとあっちの剣もゆらゆらします。こっちの小さな動きを逐一拾ってくれます。これがWiiモーションプラス1,480円の力…!!

コウモリやスライムを倒しながらほぼ1本道だった洞窟を抜け、鳥を助けだしました。
リンクの鳥が戻ったことで延期されていた鳥乗りの儀もようやく始まります。
これは黄色いロフトバードに付けられた像を一番最初に取った人が勝ち、という儀式らしいです。
まだロフトバードの操作がよく分からないので不安だったんですがこれは主人公優勝のために他キャラは手を出せないパターンだ。

バドたちの妨害にあいながらもかなり長いこと鳥を追いかけていた気がしますが、どうやら勝ったらしい。女神像の前でゼルダと2人きりの儀式を終え、ゼルダ手作りのパラショールも貰いました。ほのかにいい匂いがするらしい。
そして2人でロフトバードに乗りながらいい雰囲気だったところに突然竜巻が現れ、ゼルダを飲み込んでいきました。助けようとするリンクでしたが弾き出され、そのまま気を失ってしまいます。

目を覚ますと既に夜で、自室のベッドの上でした。ゼルダの父親である校長に事情を話すと、彼はなにか知っているらしい…でも教えてはくれませんでした。
校長が部屋から出た後、扉の向こうから最近リンクがよく見る夢に出てくる女性っぽい青い人物の声がしました。
扉を開けてみると…階段のところに、いた…浮いてる…なんだこれ心霊現象か?恐い!

近づいてみると逃げられる。追いかけて追いかけて辿り着いた先は祠の中、お馴染みのあの剣がありました。
ファイと名乗る青い人物が話すには、ゼルダもリンクも大いなる使命を背負った人物で、スカイロフトの下に広がるという「大地」にいかなければならないらしい。
後からたどり着いた校長もそのことを伝説として知っていたらしく、リンクはこれから訪れる「災い」を退ける存在なんだとか教えてくれました。そしてゼルダを助けてくれと頼まれます。

とにもかくにも、スカイロフトから下に下りなきゃいけないらしい。
次の日の朝、リンクはあの緑の服に着替えていました。騎士学校高等部の制服らしいです。
校長は「初め見た時その緑はどうかと思った」とか発言してましたが…
やめろよ!この先『リンク』はこれとほぼ同じデザインの服着なきゃいけないんだぞ!そんなんだから風タクのリンクには嫌がられるし、トワプリではシャッドに笑われるんだよ!

まあ服のことは置いといて、さあ旅立ちだ!と思ったらファイにショッピングモールで装備を整えることを推奨された。お前妙にこの時代に詳しいのね…古から剣を守り続けてるお前の口からショッピングモールという単語が出てくるとは思わなかったよ。


さて盾もてにいれたし、ある意味ゼルダの最重要アイテム空き瓶も貰ったし、次こそ大地に旅立つぞ!

sandbag
バドの部屋にあったサンドバッグのこれはもしかしなくてもリンクなのか。

テーマ:ゼルダの伝説 スカイウォードソード - ジャンル:ゲーム

前のページ