FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

ファイアーエムブレム風花雪月 黒鷲ルート(紅花)第二部2/2

王国・教会と戦う準備が整い、黒鷲遊撃軍はついに王都フェルディアに向けて進軍する!
…かと思いきや、王国にあるアリアンロッドという要塞を攻めに行くことになった。ガルグ=マクにいる人たちもこのことは知らされておらず、敵を欺くにはまず味方からということらしい。

アリアンロッドを守っているのは目つきの鋭いおじさまロドリグ(フェリクスの父親らしい。若い。)といかにも悪そうな感じの魔導士コルネリア。コルネリアは闇に蠢く者たちの関係者らしい。ここで殺してしまえば戦後のあいつらとの戦いが楽になる~と物騒な思惑を抱えながら難攻不落の要塞と言われるらしいアリアンロッドを攻略します。

なんか巨大ロボットがあちこちにいる。どう見てもオーバーテクノロジー。闇に蠢く者たちの技術はいったいどれほどのものなんでしょう。
入り口を守っているのはロドリグとフェリクス。魔法ユニットと武器ユニットの攻撃範囲が被っているとどのユニットで攻撃を受ければいいか分からないから困る。そうなると結局先生が前に出ることになるんだよなぁ。ただ先生も魔防は結構弱い。
フェリクスは「初めて会った時から、おまえとこうしたいと思っていた…」と戦闘狂のようなセリフを言いながら先生に向かってきます。確率でダメージを半減する英雄の遺産を装備してるおかげで思った通りのダメージが出ず少し手間取りましたが無事撃破できました。最期は恨み言を言うでもなく、国や仲間を憂うでもなく、ただ己の腕が届かなかったことを悔やみながら死んでいきました。なんというか最期まで戦闘狂な奴だったよ。

別働隊で罠を解除しながら奥のイングリットと知らないおじさんグェンダルも撃破。全敵将撃破だと見逃すことができないから辛いなぁ。まあイングリットもここで見逃されたくはないだろうけど。

そして巨大ロボを破壊しながらコルネリアも倒せました。コルネリアは折を見て帝国側に寝返るつもりだったのに何してくれとんじゃワレというのが戦いの後に出てきたアラン出ない公の言い分ですが、巨大ロボで襲い掛かってきたのを見ると戦力を削ろうとしていたのはお互い様だったようですねぇ…こいつらめっちゃ殺伐としてる~

アラン出ない公の抗議を全く意に介さず、さっさと退散させたエーデルガルトでしたが、その後になんとアリアンロッドが物理的に崩壊したとの知らせが。天から光の柱が降り注ぎ、人にも町にも多大な犠牲が出たらしい。どう見ても闇うごの仕業。
紅花ルートクリアした今考えても、ここでアリアンロッド崩壊させる戦略的なメリット全くなかったよね。完全に嫌がらせのためだけにやってやがる…



今度こそ本当にすべての準備が終わり、帝国軍は王国に攻め入ることになりました。
王国軍は、聖者セイロスと解放王ネメシスが戦った伝説が残るタルティーン平原で教会と共にこれを迎え撃ちます。
散策で「決着がつくまで戻ってくることはない」と言っていたので本当に最後なんだなぁ…ベルナデッタも「帝国軍物語・最終巻みたいな雰囲気」って言ってるし。でもやっぱり短かったなぁ…

決戦の前にジェラルトの墓の前で結婚相手を心に決めるイベントが起こる。そりゃー女神の塔イベント見たリンハルトですよねーというか今作は覚醒・ifと違って支援SはED後じゃないとダメなんですねーまあその方が物語的に自然ですよね。


両軍がタルティーン平原でぶつかるその日は大雨。視界も悪く足元には小川ができて進軍が厳しい状況です。
しかしそのせいで王国軍も教会の軍とはぐれ、先に教会を戦わせるというディミトリの思惑は外れました。
教会の軍がどこから現れるか分からないから注意して進め!ということなのですが、南北を隔てる小川が邪魔だし、遠距離魔法打ってくる魔道士はいるしで本当に進みにくいマップ。援軍が怖いですが自軍を東西に分けてノタノタ進みます。

手前のシルヴァンを撃破したあたりで東からレアと、あちこちにその増援が現れました。リシテアとか踊り子のドロテアとかが南に取り残されていたので大分焦りましたが、南の増援は彼女たちが自分でなんとかしてくれました。
レア(セイロスと呼びなさいとか言ってた。やっぱOPアニメの素手格闘の人はレア様だったんですね。)は主人公を向かわせ、天帝の剣で撃破してあげました。かなり主人公に執着している様子でしたが、周りに引きずられるようにして援軍ごと撤退。

その後宝箱を取ろうとしたら意外なほど強いメルセデスが増援で現れたりしながらも、牛歩ながらなんとか奥にいるディミトリに近づいていきます。
しかし、ドゥドゥーが「そろそろ頃合いか…」と呟くと王国軍たちが次々と魔獣に変わっていきました。皆望んで紋章石を使って魔獣となったそうですが…えっ紋章石ってなんなの…
そして最後にはドゥドゥーも魔物に。こいつが強かった…一人二人殺られるかと思った。ギリギリの戦いでした。ラスボスを除いたら一番強かった。ディミトリはあまり強くなかった。エーデルガルトで撃破した。

倒れてもなお呪詛を吐くディミトリに、エーデルガルトはとどめを刺します。こうしてエーデルガルトとディミトリの戦いは決着がつきました。
この戦いで犠牲となった人々のため、そしてディミトリのためにも…とエーデルガルトは前を向き、進んでいく…。

そしてエンディングへ…
え、もう1章?あ、終章!?撤退ではあるけどレアも倒したしもう終わりかと思ってた。1ルートだけでは分からない謎も多いらしいしストーリーもこんなものかと。


王都に逃げ込んだレアを帝国軍は包囲し、王都に攻め入ります。ここでエーデルガルトから主人公に話が。
ベレスはレア達と同じ女神の眷属であり、緑色に変わった髪や目の色がその証だということでした。
レアやセテス、フレンが似たような髪の色だから、主人公も関係者なんだろうなぁということは推測できますが、泣きも笑いもしない赤ん坊だったとか炎の紋章とか、何よりソティスの存在がイレギュラーすぎて主人公が何者なのかってのはさっぱり分からなかったんですよねぇ…なるほど女神の眷属…いやそうするとソティスは?なぜ主人公の中に…?

で、話を戻しますが、女神の眷属たるベレスが教会に戦争を仕掛けた自分たちにはついてきてくれないと思っていた、でも本当はついてきてほしかった…だから自分たちを選んでくれて嬉しかったということでした。
うおおおおおおおおエルうううううううう先生不在の5年間「師がいれば…」が口癖だったとか先生の似顔絵描いてたりとか二部に入ってから可愛すぎるぞこの皇帝はあああああああ

分からないことも多いですがエルのためにレアをぶっ倒ーす!!

そうして意気揚々と王都に攻め入ったら、この大司教は住民の避難もしていない王都に火を放ちやがった。
まさにド人外…やはりセイロス教は悪い文明!粉砕する!

半分ほどの足場が火に包まれ、あちこちを巨大なゴーレムが守っています。
マップとにらめっこし、左側を通るのが一番燃える床もゴーレムとの交戦も少なそうだったので左を通ることに。ユニットの渋滞が起こるのはしかたない。
アネットを撃破したら中央あたりにいた父親(多分)のギルベルトが動き出した。でもアーマーナイトで歩みが遅いので全くこちらにたどり着かないし、炎に巻き込まれてるしで哀れ。
白きものとなったレアが吠えるたびにゴーレムが強化されてるらしいですが、一匹しか戦ってないのでよく分からないですね。

ドラゴンナイトとして立派に成長したツィリルも撃破し、レアの攻撃を受けられるユニットだけで攻撃範囲に入ります。やはりラスボスだけあって固いし強い。というか今更だけどホントにレア様ラスボスだったんですね。OP見たときから「あっこいつラスボスっぽいな」とは思ってたんですが、目安箱で「実は猫舌で…」とか「生徒の輪に入りたいけど…」とか人間らしいこと言ってたから違うのかな~と一度は思い直したんですがねぇ。

当たり前だけど、避けてすすんでた周りのユニットもレアを守るためにこちらに向かい始めた。カトリーヌさん以外。なんでカトリーヌ動かないの!!??
イケメンに成長したアッシュは先生との交戦時に「あなたの顔を見ると、狙いが定まらなくなってしまいます…」と言っていたけど自分アッシュくんとそんなつるんでた記憶がない。君との思い出、釣り大会しかない…

障壁を削っている間に次々と追いつかれ、戦いが苦しくなっていきます。アッシュ、ギルベルトも撃破しましたがヒューベルトがレアの攻撃範囲内で追い詰められました。リブローも届かない!このままじゃ敵ターンで死ぬ!これは天刻か!?どこまで戻せばいい!?
という状況を救ったのが、ゲーム序盤から持たせたままになっていた傷薬でした。回復してなんとか次の攻撃を持ちこたえ、そしてレアを撃破することができました。まさか自分のものぐさに救われるとは。
全マップ通して、戦闘不能になったのは最初の学級対抗戦のドロテア1人だけでした!やったぜ。カジュアルだけどやっぱりなるべく撤退なしで行きたかったからね。


ついに主人公はエーデルガルトと共にレアを打ち倒しました。
しかし戦いで力尽きたのか、主人公は倒れてしまいます。エーデルガルトが駆け寄っても反応はありません。
もうダメなのかと思われたその時、主人公の体内に埋め込まれていた紋章石が砕け、髪と目の色が戻った彼女が目を覚まします。安堵したエーデルガルトは、その身体を抱きしめるのでした。

こうして五年以上に渡る戦争は終わりを告げ、人間は白きものたちの支配から脱却しました。
皇帝エーデルガルトは紋章と貴族制による支配からの脱却を進め、人々はこれを喜びます。一方、闇にうごめく者たちとの戦いはこれからも続くのでした。めでたしめでたし。
俺たちの戦いはこれからだ!…って打ち切りエンドじゃん!せめてアランデル公は天帝の剣の錆にしてやりたかったぜ。


さて主人公は事前に決めた通りリンハルトと支援Sに。いつも飄々としている彼ですが真面目なプロポーズをしてくれてとてもよかった。最後の一枚絵も最高だった。
お前二部最初の再会の時は「やった!これで楽ができ……先生が生きていてよかった。感動しています(棒)」だったからなぁ…

他のキャラはというと、1周目で短いシナリオということもあって、支援があまり回収できなかったんですよねぇ。積極的に回収しなかったというのもありますが。
他のペアエンドはヒューベルト×ベルナデッタ、カスパル×ペトラだけでした。この2組は支援会話が好きなのでぜひくっついてほしかった。
他みんな単独エンド。でも自分は単独エンド=寂しいとは思ってないのでまあいいかな。ドロテアも愛を手に入れたらしいし。他も独身だったとは言われてないし。リシテアはごめん。君の抱えていること知らなかったんだ…



しかし、紅花ルートって特殊なルートだったんですね。本来なら敵側になる、侵略戦争を仕掛けた帝国に味方するという…
伝え聞いた話では、黒鷲学級を選んだら本来のルートは教会ルートの銀雪で、紅花はどちらかというと隠しルート的な扱いらしいですね?このルートを1周目に選んでしまうとはなぁ…
でも聖墓のあの選択を迫られた時、今まで一緒に学んで戦ってきたちょっとキツい物言いもするけど自分を慕ってくれる可愛い可愛いエーデルガルトと、父親に「気を付けろ」って言われてるし時々言動が怖いしいつも自分たちを戦いに駆り出すし明らかに何か企んでるレア様とだったら、みんなエーデルガルト選ぶと思うんだよなぁ…2周目以降で青獅子や金鹿に思い入れがあれば別ですが…


で、今青獅子ルートもクリアして、他ルートの聞いた話も合わせて考えた。
青獅子やっててホント戦争は辛かった。生きてても苦しい、死んでも苦しい。ホント戦争は地獄だぜ!フゥハハハーハァーって感じでした。なんでみんなこんな辛い思いして苦しんで苦しんで死んでいくのか。エーデルガルトが戦争を起こしたからです。セイロス教やレア様のせいでもありますが。
そう考えると、やはりエーデルガルトが戦争を起こしたことについては肯定できないですね。他の方法は無かったの?というのはそれこそエーデルガルトがずっと考え続けていただろうから無しで。
じゃあ聖墓でエーデルガルトを斬るか?と聞かれたら、その選択肢は今でも自分には無い。やっぱり何度考えても黒鷲の担任になった時点で、ディミトリたちを地獄に叩き落すとしてもエーデルガルトの味方になる以外の未来は無いですねぇ…。
あ、もちろんこれは主人公の人生を自分の考えに当てはめた話であって、ゲームとして銀雪ルートを遊ぶのはもちろんあり。


そして自分が思う、王国、同盟、教会を踏みつぶしてでも手に入れた紅花ルートのいいところ。

・主人公が普通の人間になれる
これが一番大きい。ゲームシナリオ的にもきっと意図的にこのルートのED限定のメリットとしてますよね。(いや、私的には強大な利点なんですが、メリットと思うかどうかは人それぞれか…)
神祖の力を手放し、人間と違う長い時を生きるわけでも、強大な権力を手に入れるわけでもなく。自分が選んだ人と只人として共に生きることができるわけです。これは私的には紅花ED一番のメリット。

・エーデルガルトとヒューベルトの味方になれる
エルが可愛いということは何回も言ったがもう一度言う。弱いところも見せてくれるようになる彼女を支えることができるわけですね。もういくらでも甘いもの食べてゴロゴロしてくれ。
そしてヒューベルトをこんなに好きになるとは意外でした。第一部ではよく分からないやつだと思っていたんですが、そりゃ自分の行動の目的を全部隠してたんだから当たり前だったわけだ。
なのに味方になったら「言葉を絶する程の感謝を」って~あ゛あ゛~~~そんな事言われたら好きになるしかない~~~~
エーデルガルトも評する通り冷徹な人間ではあるんですが、支援会話見てると仲間は仲間として扱うし、自己管理徹底してるタイプかと思ったら過労で倒れるし、人間らしいところも見せてくれるんですよね。先生との支援Aはタルティーンで点灯したので自分で見られなかったのがつくづく悔やまれる。比翼の鳥~~~~最高かよ~~~

・帝国双璧が完成する
お前らさぁ…なんだいこれは?
このテフと紅茶って風花雪月でどこどこど~んの次に有名な支援会話じゃないの?
なんというか、この2人の支援会話とペアエンドに対する言葉が上手く思い浮かばない。「好き」としか言えない。「皇帝が嫉妬する程の仲の良さ」とは…
とりあえず、この双璧になった2人と、エーデルガルトと先生がいれば帝国はこれからも安泰だなと思う。いつまでもお幸せに…

・ベルナデッタの引きこもりが改善する
なんで蒼月ルートだと二部も引きこもったままなの?銀雪だとどうなの?


さあ蒼月もクリアしたし次はハードで金鹿かな~と思ってるんですがポケモンが今週発売じゃん。時間が圧倒的に足りない…!
しかも紅花と蒼月ってどっちもセイロス教や主人公の秘密が全然分からないルートだってマジ!?2周やってフォドラのこと全然分かってないのかよ…!!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/340-2ea0c2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)