FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

ファイアーエムブレム風花雪月 黒鷲ルート(紅花)第二部1/2

第二部開始!

ガルグ=マクでの戦いから5年が経過し、主人公は失ったはずのソティスの声で目を覚まします。
第一村人から簡単に状況を聞き、エーデルガルトたちが戦い続けていることを知ってガルグ=マクに単身突撃。
主人公と再会したエーデルガルトは、驚きながらも涙ぐんで喜んでくれました。しかしよく皇帝にあっさり会えたものだ。だれか知ってる人が手引きしてくれたんだろうか。

エーデルガルトが呼び寄せたことにより、かつての黒鷲の学級での教え子たちも全員集合。聞けば、エーデルガルトはずっと主人公を探していつも「先生がいれば…」と愚痴をこぼしていたそう。えっなんだそれかわいい
しかし意外とあっさり生徒たちとの再会は済まされてしまった。こう…もっとこう…信頼を寄せる先生が生死不明のまま5年間行方知れずだった重みを…苦しみと喜びを感じるような反応があると…私に刺さる…

5年経ってみんな成長し、外見も変わっている。カスパルは爽やかイケメンに。ベルナデッタは大分身長が伸びた。フェルディナント…その髪は一体…?リンハルトも髪型が変わり、学者っぽい出で立ちになった。
ドロテアがめっっっっっっっっっちゃ美人になってた。これは男なんて選び放題だろ!婚活に苦労する必要ないだろ!と思っていたら、彼女は容姿とか歌姫という肩書とかで女を選ばない人を探していると知ってなんかごめん…という気分になった。
ヒューベルトは髪を短くしたのに前髪の一部分だけ長いのは何でだ。そして服が黒ずくめでカッチリと…外見は一番好みかもしれない…露出が一切ないのに妙にエロい。ペトラはあまり印象が変わらない。言葉は少しだけ上達したらしい。

先生がいたら万事解決!と言わんばかりに、なんか要所であるらしいミルディン大橋を攻めることになった。先生は世界情勢を理解していない。トワプリのオルディン大橋を思い出す。
同盟の将であるジュディットを打ち取ることが勝利条件。かつて士官学校の生徒だったイグナーツも敵側で参戦し、レオニーも増援で出てきます。
レオニーは「お前たちみんな師匠の仇だ!!」って言ってて何でそうなるの!?と思ったままフェルディナントで殺してしまったんですけど、他ルートだとヒューベルトの「(ジェラルトを殺した)闇に蠢く者たちは戦争が終わったら潰す」っていう説明がないから、ソロンやクロニエ=闇うご=炎帝=エーデルガルトという図式が成り立ってしまうんですね。なるほど…
初めて生徒を手にかけたが、レオニーとは殆ど絡みが無かったからあまり思うところはない…最低な先生だ。
そしてジュディットたちが撤退を始めた。いきなりここで逃がしたら敗北!と言われて先生(プレイヤー)は戸惑っています。だっていま皆西側の橋の入り口付近にいるから絶対追いつかねぇぇぇぇぇぇぇ
かなり焦りましたが、フェルディナントにリンハルトのワープと神速の備えを使ってなんとか間に合いました。後々思い返してもここが帝国軍一番の危機だったし、フェルディナントの一番の活躍でした。唯一の騎乗ユニット強い。

ミルディン大橋を落とし、次は同盟の首都デアドラに侵攻することになった。
元・金鹿の級長で、卓上の鬼神と呼ばれるクロードが待ち構えているということで、どんな策を使ってくるか分からないとみんな警戒しているようです。
そしてデアドラのマップ。明らかに東の海の上が大きく空いている。そこに船がやってきて、隣国パルミラからの増援(ドラゴンナイト軍団。つよい)が大量に現れました。ちなみに自分はパルミラのことをずっとパルミアだと思っていた。パルミアってすごく聞き覚えあるけど何の名前だった???ってずっと考えてたんですけど検索してようやく分かった。Elonaの王都だ。
ナデルというパルミラの将を倒せば増援は止まるらしいのですが、そうすると東周りに船の上を進まなければいけなくて…めんどくさいなぁ…というかそっちに割ける戦力はない…というわけで放置。どんどん現れるドラゴンナイトに、ほぼ無敵の守備を誇っていたエーデルガルトも流石に危なくなりましたがなんとか西周りに進みます。
入り口を守っていたリシテアは倒したら仲間にできました。だが市街中央あたりを守っていたヒルダは死亡。また一人生徒を手にかけた。

そしてクロードの近くにたどり着くとナデルの攻撃範囲内に。敵の攻撃力を見誤って、フェルディナントが死ぬ!!とヒヤッとしましたが避けてくれました。よくやった。
飛行特攻無効の二大将に苦労させられましたが二人とも倒せました。そしてクロードを殺すか見逃すかの選択肢が出ます。えっそんな重要なこと先生に決めさせないでくれ!クロード曰く、「俺に恩を売っておいた方がいい、賢いあんたなら俺がパルミラの増援を呼べた理由分かるだろ?」とのことなんですが。うん、さっぱり分からん!教えてヒューくん!
うーん、俺はパルミラと仲がいいから今後パルミラがフォドラに侵攻しないように働きかけてやるぜーってこと?
とりあえず、クロードならここで見逃しても背後から撃たれることは無いと思う(希望)ので見逃しました。戦いが終わった後呑気に挨拶にきて、フォドラを出ていくことを告げて去っていきました。
同盟を落としたことで、やっと半分、されど半分!と喜び合うみんな。え、半分!?第二部まだ2マップしかやってないんですけど!?

ここで外伝2マップ消化。再びパルミラのドラゴンナイト軍団を魔法と弓でトンボとりし、アランデル公の依頼でなぜか闇に蠢く者たちを助ける。
闇うごの方は護衛対象のユニットがなまじ戦えるものだから魔獣に突っ込んでいって、一人死にました。まあヒューベルトも「別に何人か犠牲になってもいいのですが、お礼の品をぶんどりたい」とかいってたので。まあいいやーとそのまま進めました。
そしたらアランデル公に「お前らはもっと使えると思ってた」と暴言を吐かれる。うるせえおまえの名前をアラン出ない公にしてやろうか
だがここで反論か謝罪かの選択肢が出たら謝罪をするのが大人というものだ。チッうっせーなー、反省してまーす
そして魔法武器の槍はしっかり手に入れた。

同盟を落とし、次は王国と教団を倒す!と意気込む帝国軍に、教会の騎士団が攻めてきたとの知らせが。谷を通ってガルグ=マクまでやってきたらしい。
エーデルガルトが「やられたわ!」って驚いてたけど、想定外だったのかな。ここって進軍が難しいルートとかなの?その説明が一切無かったので地理・軍事の知識ゼロの先生は疑問に思っている。
まあ何が来ようと返り討ちにするのみだぜ!と思っていたらフレンが来たーーーーー
うう、今までの生徒は第一部で全然関わりが無かったからあまり心が痛まなかったが、フレンは短かったけど自分が指導した生徒だからなぁ…戦うのは辛い…

ガルグ=マクの入り口を防衛するマップ。敵将はセテスで、アロイスとシャミアが火計を狙っているというので急いで倒さなければならないそうです。そしてどこかに増援も潜んでいるとのこと。敵の作戦がここまで筒抜けでいいのだろうか?
まずはシャミアとセテスがいる南に普通に進軍し、シャミアを倒します。シャミアさんは結構好きだった。次はスカウトしよう。

セテスを倒す前にアロイスを倒そうと東へ進むと、案の定森の中から増援のフレンが。倒したくなくて放っておいたら味方がいなくなったガルグ=マクの入り口に近づき始めて大分焦りました。
アロイスは投石機の壁の裏から弓で倒す。アロイスさんなぁ…12月の事件の後、「これからはジェラルト殿の代わりに私が主人公を守る!」みたいなこと言ってくれたの嬉しかったんだよなぁ…
これを書いてる今青獅子ルートプレイ中なんですが、その時はここでアロイスさん出てこなかったんですよね。アロイスさんはセイロス騎士団だから紅花だと敵対するしかないんだよなぁ…そんなルート限定でこの台詞とか辛すぎでしょ…
家族「今黒鷲で全員引き抜きプレイしてるんだけどさー、第二部にアロイスもついてくるんだね」
自分「!!!???」

気を取り直して続き。主人公をフレンと隣接させたら説得コマンド出ないかなぁと思いましたがそんな甘い展開は無く。セテスもフレンもできれば殺したくない!だがそんな道はあるのか!?開戦前に「どうにか先生と戦わなくて済む道はないのでしょうか…」とフレンが言っていたので、何かあるんじゃないか!?支援レベルは今更どうしようもないが、倒す順番とかか!?
フレンを先に倒した場合のセテスの反応は想像したくもない、だがセテスを先に倒したらフレンはどうなる!?どうすれば…どうすれば…
と、悩みに悩んで、結局フレンを主人公で先に倒すことにしました。もう会うことはないでしょう…といってマップから消えましたが、倒れてないから撤退…か…?
その後にセテスも倒す。セテスさん…いくら元騎士団長の娘とはいえ、記憶も感情も曖昧な傭兵を士官学校の教師にしようなんてとんでもない計画に反対してくれたのはあなただけだった!既婚子持ちじゃなかったらどこかのルートで支援Sしたいくらい好きだった!

精神的に辛い戦いが終わり、レアの元にはセテスから、フレンと二人で隠遁するという内容の手紙が。よかった…!二人を殺さずに済んだ!私は賭けに勝ったのだ!!!
だが、レアたちと戦った本隊の被害は激しかったらしい。拠点でよく顔を見たランドルフとラディスラヴァの2人の将軍も犠牲に。
激しさを増す戦いの中、決戦が近づく!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/339-88c38978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)