FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

ファイアーエムブレム風花雪月 黒鷲ルート第一部

FE風花雪月です。ネタバレ全開です。
今までの記事のように動画を見返したりしておらず、記憶のみを頼りに書いているので間違いが多々あるかと思われますがご容赦ください。

最近読んだテイルズオブシンフォニアをものすごく真剣にプレイして、クラトスに精神を破壊された人の感想がとても面白かったので、自分も今回は真剣にキャラと向き合うぞ!
第二部で青獅子の級長ディミトリが随分とワイルドになってしまって気になるので…あえて黒鷲の学級からプレイしました。
が、一人ひとり育成してるとキャラに愛着が湧きますね…みんな私の可愛い生徒です!
以下、第一部クリア時までのメインキャラクター他についての感想。

主人公(べレス)…無表情で喋らない。傭兵時代は灰色の死神とかいうかっこいい二つ名を持っていたらしい(ハンネマン調べ)。
ルフレもカムイも普通に喋っていたので始めは違和感がありましたが、しばらくプレイしていたら大体慣れました。
強いし速い。ほとんどの敵はこいつに任せておけば何とかなる。最近クラスチェンジして魔法が使えるようになった。

エーデルガルト…主人公並に強い。重装系の兵種にして敵陣に突っ込ませるとノーダメージで次々と返り討ちにしてくれる。
ちょっとキツい所もあるけど、師のことは結構好きらしい。黒鷲遊撃軍(シュヴァルツアドラーヴェーア)とかいう超かっこいい自軍の名前を一晩かけて考えてしまう。キミちょっとそういうところあるよね。
ネットではエガちゃんと呼ばれていると家族に教えてもらった。

ヒューベルト…こいつも強い。どんな敵も1ターンで沈めて経験値を持っていく。しかもスライムとかが射程3。
黒魔法試験パスの入手方法が死神騎士を倒すしかないと知って、彼をスルーした自分にはもうヒューベルトをダークメイジにする術はないのだと分かってしまったのですが…ダークメイジにする必要ある?メイジの時点で経験値泥棒なんだが?
常にエーデルガルトの為に動いているという事以外はよく分からない人。でも彼女の命令は適当にいなしたりしている。支援を見てるとベルナデッタとはいいコンビになれそう。
CV:小西克幸と知ってTOSのロイドしか知らない自分はファッ!?となった。よく考えたらマニキもそうだったやんけ!

フェルディナント…唯一の騎馬ユニット。他にドラゴンもペガサスもいないから一番高い機動力とそこそこの耐久で数々のマップで活躍してきた。ただし攻撃力はパッとしない。いや十分戦えてるレベルではあるんだけど、他のワンキル勢と比べるとどうしてもね。勇者の槍とよく出るクリティカルのおかげでようやく張り合えている感じか。
支援会話で毎回ぐう聖ぶりを見せつけてくる。顔もイケメンなら心もイケメンだ。カスパルとドロテアのが自分は好き。

ドロテア…3マス先からトロンを打つ係。あとはボスにメティオを打ち込む。剣も少しは使えるけど耐久が低いので近接戦闘はさせられない。メイジをマスターしたら踊り子にしよう。でもみんなメティオは対ボスで超便利!みたいに言ってますけど、敵将って大体距離関係なく反撃できるスキル持ってません?
狙っている訳ではないのに、支援値がどんどん上がっていく。第二部1月の時点で支援Sが点灯しているんだけど何故。

リンハルト…回復役の宿命か、一人だけレベルが他より低い。リブローは便利。ワープも救出マップだとよく使う。
面倒くさがりだが、戦いが嫌いなのは面倒だからじゃなくて本当に苦手だかららしい。
今回の支援Sは彼を狙ってます。5年後の皆を見てから誰にするか決めようかな~と思ってたんですが、12月にさあ意中の相手といい感じになれ!みたいなイベントがあったんでその時点で一番気になっていた彼を選びました。ちなみに門番との会話で候補に上がってきたのは彼とフェルディナントとドロテアでした。
しかしこいつは主人公の身体にしか興味がないのか。紋章を調べるって具体的に何をするんだ。ハンネマンには服を脱げとか血をくれと迫られたけど。

ベルナデッタ…かわいい。黒鷲で一番可愛い。第一部終了時点で主人公の支援値1位。支援会話がほとんどコメディなので安心して見られる。一見怖がりに見えるけど、フェルディナントやリンハルトの支援会話見てるとむしろ気が強いよね?
今回弓はかなり離れた場所から狙撃できるのでとても便利。

カスパル…斧か格闘か、本人の希望がフラフラしているせいかどちらも今ひとつのような…イマイチ活躍できてない気がする。レベルが低いわけじゃないんだが。もしかしてヘタれたか?「俺の実力、こんなもんじゃねえはずたろ!」ってよく聞いた気がするし…いやでも「この私が伸び悩んでいるというのか!?」も割と聞いたような…
もう少し機動力があればなぁ…

ペトラ…アサシン。一人だけ速さがずば抜けて高い。追撃で敵を次々と刈り取っていく。弓も使える。強い。5年経ってもフォドラの言葉を話すのは上達しなかったようだ。

フレン…テイルズオブヴェスペリアの主人公の親友ではない。年始から数か月はTOVリマスターに嵌ってたので、主人公が教師になった直後くらいのセテスの「今はフレンもいるのだ」というセリフにフレンいるの!?となってしまった。テイステのチケットも取ったよ!
回復役が2人になって便利~と思っていたが、一部最後の方で仲間から抜けてしまった。レスキューも便利だったんだけど。踊り子について調べていた時、「黒鷲ルート以外ならフレンがオススメ」みたいな記事を見たんですが、もしかしてもう仲間にならない…!?

ストーリーについて。
士官学校の先生となった傭兵ベレスは、生徒たちと共に盗賊を殺してこいだとか、大司教暗殺の警戒をしろだとか、割とムチャな課題を課されながら生徒たちを指導していく。
失踪する生徒と先生、襲われる村、現れる巨大な魔獣、そして犠牲となった父親…
その謎が、第一部終了とともに…あまり明かされなかった!
ジェラルト父さんを殺した奴はあっさり死んでしまい、そのバックの存在も死神騎士の正体もはっきりとは分からず終いだ!

一部終盤は本当に驚きました。5年後に他クラスが敵になるというのは分かってたことだったんですが、まさか黒鷲ルートでエーデルガルトと戦うことになるとは。そしてその後の選択!いや~燃えますね。生徒を守るために教会を裏切る!あのヒューベルトが「言葉を絶する程の感謝を」だって!
ここでエーデルガルトを斬る選択をしてたら教会ルートに行ったんでしょうね。でもレア様明らかにヤバイ人だ。姿形がどうとかでなく、人の事失敗作だとか言っちゃうそのメンタルだよ。
そして修道院を脱出したエーデルガルトと主人公と、ついてきたクラスメイトはガルグ=マクを制圧。しかし主人公は崖下に落ちて行方不明に…第一部完!!
あ゛~好みの展開だ~仲間たちは主人公を失った傷を抱えながら戦い続けるんだろ知ってる~何なら少し病んでしまえ!第二部が俄然楽しみだな!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/338-291ed58c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)