嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイブリーデフォルト、プレイ中です

現在3つのクリスタルを開放し、もうすぐ4つ目の土のクリスタルを開放できそうです。

事前情報全く無し、タイトルしか聞いたことがない状態でプレイしているこのゲーム、
印象は「シビアな王道RPG」って感じですね。
世界を救うために田舎出身の少年とクリスタルの巫女の少女と仲間が世界を旅するストーリー。王道です。
飛空艇とかジョブチェンジシステムとか出てくるから、FFから派生したシリーズみたいですね。
このゲームを知っている人から聞いた話では、「FFではない」というのが売りらしいですが、果たして…?

それからもう一つの特徴として、難しい!
雑魚敵が強い!ボスもしっかり対策すれば倒せますけど、よく全滅させられます。
戦闘システムにデフォルト→ブレイブ(ガード→連続攻撃)というのがあり、それを活用するのが前提になっているのでとても敵が強いです。
セーブも決まったところでしかできないので、ダンジョンの途中で全滅させられると、ああ…また入り口からか…とものすごくやる気が削がれます。
現在も土のクリスタルがあるダンジョン、不死の塔で全滅させられて一旦ストップしている最中です。
うーむ、ジョブとかアビリティが悪いのかな?

可愛らしいグラフィックに似合わず、ストーリーもシビア。
まずCEROがCで、パッケージが黒いです。
そしてOPで主人公の村が全滅。民間人も敵にどんどん殺されますし、こっちも敵をどんどん殺していきます。
パーティメンバーの知り合い、友人、師匠、関係なしに殺されますし殺します。
世界の危機って大変だね!


キャラクターについて。
みんな可愛いですね。イデアとリングアベルがお気に入りです。
パーティメンバー全員がストーリーに深く関わっているのがいいですよね。
イデアはとても可愛いので先頭にしてます。
敵側ではヴィクター博士がお気に入りでした。お気に入りでした…。
あと、キャラクターの声がとてもいい。
ティズの10代半ばの少年っぽい声、アニエスの落ち着いた可愛らしい声、リングアベルの低くて良い声、イデアの元気で響く声。
あとは魔女ヴィクトリアのリアル幼女っぽい声が気に入ってます。
ダメ絶対音感では盗賊の檜山修之さん、お父様子安武人さん、剣聖のグリリバが当たりでした。


ジョブとアビリティ。
ティズ:黒魔法と召喚魔法で魔法攻撃
アニエス:白魔法
リングアベル:攻撃主体の戦士
イデア:防御主体の戦士
といった感じです。

ティズは黒魔導士と召喚士を並行して育ててます。でもメインは召喚士かな。召喚士はダメージを受けるとMPを回復するのがいいですよね。そして何より服がかっこいい。
アニエスはずっと白魔導士でした。ヴィクター博士を倒して、より強力な白魔法が使える導師になれるようになったので最近では導師です。白魔法MP節約、これぞ私が求めていたアビリティだ!
リングアベルはメインは魔法剣士です。両手持ち、魔法剣、物攻20%アップ、倍撃あるいは踏み込むでとんでもないダメージを出してくれます。
イデアはジョブをうろうろしてます。最近はソードマスター。「盾の心得」と「かばう」で盾役です。

イベント時でもジョブの格好のまま進むので、ジョブを選ぶときに服は重要な判断材料です。
一番好きなのは召喚士。可愛いしかっこいい。髪飾りの羽根は精霊からむしり取ったやつだけどな!
逆にFF5の時大変お世話になった狩人と時魔導士は…これは2周目じゃないと無理だろ…
白魔導士も、ヒロインじゃなくて男がやってくれた方がギャップがあっていいんだけどなーと思ってるんですけど、男の白魔導士かっこよくないんですよね…
ブログ見返してみたら、FF5やってたの7年も前なのか。
かなり頻度が落ちたとはいえ、7年経ってもブログ書いてるなんて当時は思いもしなかっただろうなぁ

自分的に、
かっこいい:ソードマスター、シーフ、商人、召喚士
かわいい:ソードマスター、黒魔導士、召喚士、ヴァルキリー


ストーリーについて。
まずゲームを始めると妖精が現れて、あなたっていい目をしてるわね~みたいなことを言ってきました。それ私に言ってる?
その後ARを使って自宅のきったない部屋にアニエスが現れて驚きます。何やら危機に瀕している様子。
まだ会ったことのないあなた、この声が届いたなら、光の戦士として世界とみんなを助けて!とのこと。

その後本編が始まり、突如開いた大穴により全てを失った少年・ティズは水のクリスタルの巫女アニエスと出会い、アニエスを助けるため旅に出ます。
途中、記憶喪失なのにいつも軽薄で、未来のことが書かれた謎の手帳を持った男・リングアベルと、敵側エタルニア公国元帥の娘でありながら、公国のやりかたについていけなくなった少女イデアも加わって、4つのクリスタルを解放して世界を元に戻すための旅を続けます。

上にも書いた通り、現在は4つ目のクリスタルを開放する寸前です。
ここまできたらもう終盤なのではないかと思われそうですが、物語の謎がまだ1つも明かされていません。

・『Dの手帳』について
リングアベルがなぜか持っていた手帳です。最大の謎は、未来の出来事が書かれているということですね。
書かれている内容や挿絵から、イデアの幼馴染でエタルニア公国の暗黒騎士アナゼル・ディーが書いたのではないかと推測されるのですが、今までアナゼルは手帳を書いたとか、未来を知っているとかの素振りを一切見せていません。むしろ風の巫女たちの行動に逐一驚いてる。
世界は一度この手帳に書かれている通りの歴史をたどり、手帳だけタイムリープしてきたのでしょうか?そうなるとリングアベルも一緒にタイムリープしてきたという可能性もありますね。リングアベル=アナゼルという可能性も一度考えたのですが、そうすると幼馴染のイデアが気付かない訳がないですね。
…リーゼントが決まりすぎて気づけなかった…?

・クリスタルの「解放」について
解放って一体何なんですかね?風のクリスタルを解放したら止まっていた風が正常に戻り、水のクリスタルを解放したら腐っていた海が元に戻りました。しかし火のクリスタルを解放したら火山が元にもどったらしいのですが、鉱脈も消えてしまいました。
エタルニア公国の元帥は、解放ではなく「暴走」と言い、必死で主人公たちを止めています。
ユルヤナの老師は「クリスタルを解放する」と聞いたときに微妙な反応をしてました。
4つ目のクリスタルを解放したらどうなってしまうのか…
始めにクリスタルを解放しようと言い出したのは、風のクリスタルの精霊エアリーなんですよね。
サブタイトルがフライングフェアリーだし、パッケージもエアリーだし、この精霊、何かありそうな気がします。

・プレイヤーについて
ゲームの一番最初に、エアリーが語り掛けていたのは恐らくプレイヤーに対してですよね。
それなのに本編が始まってからは一切こちらにコンタクトを取らないのが気になってます。
あ、もしかしてメニュー画面のメッセージってプレイヤーに話しかけてる?
あと、エアリーとアニエスは呼びかけを聞いた「奇跡の人」はティズだと思っているようですが、呼びかけってもしかしてARのアレ?だとしたらそれもプレイヤー?「世界の壁が壊れかけている」というのも一体…
それから召喚士メフィリアも、ティズの中にもう1つの魂がある…みたいなことを言ってましたね。

さて、土のクリスタルを解放したらこの謎は明かされるのか!
FF5のブログ読み返したら今なんて比較にならないくらい全滅してた。正の字が3つ並んだとか嘘だろ…
2~3回ダンジョンやりなおすくらいで心が折れてちゃいけないな!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/337-fc4e4490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。