FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな僕が救う世界-その3 「やれやれ」の次は「え?何だって?」と言い出しそう

ソシューの町から、無事アクアの町に帰還しました。
やれやれとか言いつつも国の問題に関わっているセイシュ、もう引き返せない所まで来た感があります。
ベッドに入って休んでいると、また謎の声さんが話しかけてきました。安眠妨害で訴えるぞ。
用件は同じ、王覇の指輪を手に入れろとのことです。
しかも今度はセイシュの父母の姿を借りるという手まで使ってきました。
私たちを殺した人間に復讐を!とか何とか言ってますが、当然すぐにニセモノだと見抜かれます。
WVW69kLRdTMmYOlroq.jpg
しかし、その指輪1回手に入れたけど返しちゃったよ…ちゃんと手放さないようにしてくれれば、あなたの目的もすぐ達成できたのに…
手を回せなかった理由があるんですかね?今は枕元で語り掛けるぐらいしかできないとか?
王覇の指輪をはめれば、誰も逆らえないほどの無敵の力を手に入れることができると言っていますが…
この世界の人はこの指輪を「支配者の証」ぐらいにしか思ってないですよね?ホントにそんな超強力な不思議パワーがあるんですか?すごく怪しいんですけど?
いや多分あるんだろうけど、その代わり身を滅ぼすとか自我が無くなるとかありそう。


朝、シードルに叩き起こされ、寝不足のままクリステルのところに向かいます。
枕元で語り掛けるぐらいしかできなくてもしっかり実害出てやがる。あまり付きまとうようなら謎の声さんを変質者認定するぞ。

いつものメンバー+ソシューが揃っていましたが、みんな顔が暗い。またもや問題発生のようです。
今回は、東の国グラッパが軍事同盟を持ちかけてきたとのことでした。
一緒に北の国ブランディーを滅ぼそうぜ!という内容です。
この2国の情報としては、東の領主グラッパは知略に長ける男。北の領主ブランディーは自らが戦場に立つような勇猛な男だということです。うちの領主も山賊のアジトに単身突っ込んでいったけどね。

シードルとスピリタスは、なんだか怪しい!裏がありそう!とこの同盟に乗るのに反対です。
クリステルも、同盟自体は構わないけど、ブランディー領に攻め入るというのは…と否定的。
対するソシューは、ブランディーを倒すまたとない機会!グラッパが味方についてくれるなら心強い!と賛成のようです。
さて、セイシュの意見は…?
WVW69kLRf90r7XcZAt.jpg
おや意外。積極的に他国を侵攻しようなんて言うような性格じゃないと思っていたんですが。
どうやらセイシュにはまた何か策があるようです。

いつもの4人で直接グラッパ領へ行く事になりました。
出発前、セイシュはクリステルに手紙を渡していきます。シードルは内容が気になるようですが、セイシュは教えてくれません。
グラッパの町って結構遠いですね。実際何日ぐらいかかってるのかな。ダンジョンにある脱出用魔方陣、こんな時こそ使えればいいのに。

さて長い道のりを経てグラッパ領へ付きましたが、人々には笑顔がありません。ソシューと同じく、治世はいいとは言えない状態のようです。
さらにグラッパに会おうと城に行ったら、門番に賄賂を要求されました。お金使うイベントは前回あったから今度は無いと思ったのに…!
クリステルから渡された支度金と、さらに手持ちの1000Gを渡してやっとグラッパに面会ができます。

妙に入り組んだ城の中を奥まで進み、グラッパに面会できました。グラフィックがソシューと同じやんけ!
グラッパはこちらのことを褒めちぎり、まさに慇懃無礼な態度。
セイシュは打診のあった通りに同盟を結ぼうと話を進め、すでにクリステル軍の本隊がグラッパ領の近くまで来ていることを伝えます。
これに喜んだグラッパは、本隊が到着するまでゆっくり休んで下さい!と宿屋に案内してくれました。
ここに来るまでの戦闘で消耗したから先に宿屋に一泊してきたんだけど、必要なかったなぁ。まあいいか80Gだし。お前のところの兵士に取られた1000Gに比べればね。

セイシュたちが退出した後、グラッパは兵士から偵察の報告を受けます。確かにクリステルの全軍はグラッパ領に向かっているとのこと。
そしてブランディーの軍はクリステル領の北側に陣取り、グラッパ軍はブランディー軍に明日にでも合流できると…
フェッ!?ブランディー軍とグラッパ軍が合流!?なるほど、協力してブランディーを攻めようなんてのは嘘で、手薄になったクリステル領を攻めるつもりだったのか…
これはかなりピンチな状況なのでは!?
本性を現したグラッパに「なにが神算鬼謀のセイシュだ!」とかって罵られましたが、それアンタが言い出したことじゃん!

さてそんな風に罵られてるとは知らない宿屋のセイシュたち。本当にグラッパは信用できるの?とシードル達に聞かれます。信用のしの字もないような人間だったな!
それに対してセイシュは、ある意味とても信用できる人物ですよ。と…
セイシュの言いたいことは何となく分かりますね。信用できないという点については信用できる人物。

さて、クリステル領の北側に集まっているブランディー軍とグラッパ軍ですが、このまま合流するのかと思ったら、ブランディー軍がグラッパ軍に攻撃を始めました。
味方だと思っていたブランディー軍に攻撃され、グラッパは大騒ぎ。そこにセイシュたちが城に現れ、ネタばらしをしてくれます。
セイシュはグラッパからの同盟の話を聞いた時点で、同じ話がブランディーにも行っているだろうと踏んでブランディーに連絡を取るようにしたんですね。
ブランディー領とクリステル領が戦って、2国とも消耗したところを攻めようとしたんでしょうが、その企みはバレバレだったと。
で、逆にこうして協力して攻められちゃってるわけですね。自業自得だわ。この期に及んでも、グラッパは騙したな!とかって怒ってます。どの口が言うか!

城の奥に逃げたグラッパを追いかけます。妙に入り組んだ城だと思ったらやっぱりダンジョンになったな!
敵は大体、ソシューの所にいたのの色違いです。ちゃんと陣形使ってるからソシューの時よりは大丈夫ですね。
途中、変な仕掛けを解除したりしながら奥まで進みます。
奥にいたグラッパは、ソシューのように兵をけしかけるだけでなく自分で戦いにきました…が。
WVW69kLSPIcDhxLZOb.jpg
その変な人形なんだ!!
まあ、そんなに強くなかったですね。
領主グラッパを倒し、グラッパ領まで制圧してしまいました。これでグラッパ領もクリステルのものです。
セイシュもさすがにここまではするつもりはなかったと言い、駆け付けたクリステルも驚いています。
こんな広大な領地をこの姫さんに統治できるのだろうか?大陸統一というのが冗談では済まされなくなってきた。
なんだか恐ろしくなってきましたが、シードルには虐げられている人々を見て見ぬふりをしたくない!という想いがありました。
そのために、むしろ大陸を統一すべき!とクリステルを説得します。
WVW69kLSU-I7VaxQVB.jpg
シードル…あなたにはそんな考えがあったのね…
スピリタスみたいにノリで大陸統一を勧めてるのかと思ってた…
もしかしてスピリタスにも、そんな深い考えが…ないんだろうな…

何にしろ、今後のことは戻ってから話し合おうということでクリステル領に戻ります。
しかし、カルヴァドス側には裏切りの騎士アモルファスが合流していました。カルヴァドスさん!!そいつは主君を簡単に裏切る奴ですよ!!あんたも裏切られても知りませんよ!
アモルファスはラキヤと組むことになるそうで、やっぱり不安しかない!
WVW69kMCYmcWrk7c5p.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/336-7fea832a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。