FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイアーエムブレムif 白夜王国-最終回

さあストーリーも残す所本当にあと僅かです。

25章。
リリスを失った悲しみを胸に前に王座を目指す一行。そこに今まで幾度と無く嫌がらせをしてきた軍師マクベスが立ちはだかります。
彼が以前言っていた、「蝙蝠」という内通者の存在…そういえばそんなこと言ってたなぁと忘れかけていましたが、その正体をここで明かすとのことでした。
するとアクアが短い悲鳴を上げます。そちらの方をみると、タクミがアクアを捕まえていました。
マクベスは彼こそが蝙蝠、兄や姉への劣等感でずっと苦しんでいたのだと言います。

タクミ…お前なぁ…またお前かよもうお姉ちゃん突っ込みきれないから抱きしめていい?

敵に操られるとか、コンプレックスがどうとか、その話はもう10章で終わってるんだよ!
マクベスは「何故そこまで人を信じられる!!」とか言ってましたけど、信じる信じないじゃなくて一度結論が出た話なの!!終わってるの!!

アクアの歌で即正気に戻し(それ身体に負担がかかるんじゃなかったか)、改めてマクベスに戦いを挑みます。
自陣のすぐ前の道をジェネラル3体が塞ぎ、左右からはグレートナイトと次々出てくる援軍のボウナイトやダークナイトが攻めてきます。
ジェネラルをアーマーキラーやハンマーや針手裏剣その他でさっくりと倒し、左右はニシキとビーストキラー装備のツバキ達とリョウマなどで守ります。
そのまま真っすぐ突っ込み、同時進行で左右奥の宝箱にスズカゼとアシュラを向かわせますが、魔導砲や暗器砲台ばかりに気を取られていると中央奥のストラテジストの行動範囲内に入っていたことに気づかず魔防低いユニットがやられて一度リセット。
敵将のマクベスの前にはなんと5人のジェネラルとブレイブヒーローが並んでいますが、普通に各個撃破できるので別に怖くは無かった。そのままマクベスも撃破。

倒されたマクベスは、「私も操られていたんですぅ!!」と明らかな嘘で命乞いをしてくる。どうせならもっとかっこいい死に方しろよ!今までしつこく付きまとってきたくせに死に際までしつこいな!
見苦しい言い訳に辟易としている間に奥からレオンが現れ、ブリュンヒルデによってマクベスは散りました。ブリュンヒルデって樹を生やす魔法に見えますけど、どうやって敵を殺してるんでしょうね?撲殺?松の木(装備品)と同じ?

アクアから渡された水晶によって真実を見つけたというレオンに見送られて、更に奥…マークスとガロンが待ち受けている先まで進みます。法衣は相変わらず裏返しでした。


と、ここで前々から一緒に行動させてたツバキとセツナの支援がSになりましたー。
というわけでティアモそっくりの娘、マトイを迎えにぬああああああああああああ敵強い!!!!今までの外伝の敵もかなり強かったけど!!これは難しすぎでしょ!!!

まず数回のリセットで上の島左右と下の島左右の4箇所を守るのは無理と判断し、下の島のメンバーと防陣を組ませて上の島を無人に。それでも両側から並んで押しかけてくるブレイブヒーローとソーサラーにどれだけリセットさせられたか…というかなんで初期自陣のド真ん中にまで敵がいるの!!
マトイも聖天馬武者にクラスチェンジして戦いに参加させ、高い魔防と剣薙ぎの薙刀で活躍してくれましたが一人じゃ手が回らず…
しかしクラスチェンジしたら上級職Lv16ってどういうことですかね。うちの軍はこの時点では大体皆Lv10~13ぐらいなんですけどね。うわっ…自軍のレベル、低すぎ…?どれだけ完璧な娘なんだ…!
しかし、このぐらいが26章時点での推奨レベルなんでしょうか?
でも普通に戦ってたらみんなLv16って無理じゃないですか?うちの軍ほぼ出撃メンバー固定なんで経験値が無駄になっていることもないと思うんですけど…フリーマップ前提のレベルなんでしょうか?結局フリーマップはスズカゼの一件で支援を上げるためにしかやらなかったなぁ
それでもなんとかクリアしてマトイを仲間にできましたー。


26章。
城内の一室で、マークスは臣下2人と話をしていました。城に侵入してきたサキ達を倒すために戦いに行くはずなのですが、臣下たちには待機命令を出し、部屋から出るなと言いつけます。
そして、今まで共に戦ってくれて感謝している、とこれから死ぬともとれる口振りで部屋を出て行くマークスにラズワルドもピエリも不安を隠せません。

城を進むサキ一行は、ついにマークスと対峙してしまいました。ジークフリートを抜き放つマークスにエリーゼは戦いをやめるよう呼びかけますが、マークスは第一王子として戦わないわけにはいかないと一騎打ちが始まります。
マークスの勢いに押されるサキ。そしてマークスが止めの一撃を振り下ろした時に、なんとエリーゼが飛び出してサキを庇いました。
戦いをやめて、そう言い残して事切れたエリーゼを見て、マークスは涙を流しながらも再び剣を取ることをサキに迫ります。エリーゼの最期の願いも虚しく、命令を無視して駆けつけたラズワルドとピエリが兵を連れてきて、それを見た白夜軍も戦いを始めます。

扉のある部屋の内側でサキとマークスが対峙し、外側ではマークスの臣下2人と暗夜兵が攻めてきます。勝利条件はマークスの撃破。
経験値が欲しかったのでスズカゼに扉を開けてもらってまずサキを逃しましたが、マークス兄さん動きません。その間に回りにいる敵を倒していきます。奥からも敵が迫ってきますが、一気に攻めてこないので楽に倒せました。
ラズワルドとピエリが動き出したのでそろそろやめようと思ってサキを部屋に戻します。ついでにサイラスも入れましたがそれでも兄さん動きません。
普通に斬り合ったら勝てそうになかったのでサイラスで一度削り、そしてサキで攻撃して勝ってしまいました。一騎打ちとは何だったのか。ごめん兄さん!

倒れたマークスに、どうして昔みたいにわざと勝たせたりしたのかと問いかけます。手加減されてたんかい!1章のあれは露骨でしたね。プレイ前、厳しい第一王子だと思われていたマークスのイメージをひっくり返し多くのプレイヤーを色んな意味で驚かせ方々でネタにされることになったあれですね。
自分の中に残っていた「兄」としての心がそうさせたのだと答えるマークスは、この世界を平和にすることで私を越えて行けと言います。
マークスと、ガロン王を「救う」と最期の約束を交わし、兄と妹の亡骸を後にして、最終決戦の地へと進みます。

うう…天使のエリーゼが本当に天使になってしまった…
そしてマークス兄さんは最後までガロンの味方だったわけですが、明らかにおかしくなってるガロンを見てなお味方であり続けたのは何か訳があったんでしょうか。昔はガロンもあんな人ではなかった…と言われてはいますが…
第一王子だからこそ、クーデターでも起こしてくれれば一緒に戦えたのに!


27章。
ついにガロン王のもとへたどり着いた一行。最後の戦いが始まります。
マークスもエリーゼもあなたの為に死んだ、と訴えても、駒が減っただけだとまさに悪役!といった言葉しか返ってきません。
アクアが歌で動きを封じようとすると、ガロンはその腕でアクアを捕らえアクアを人質にしやがりました。まさに悪役!しかもわりと行動が小物なタイプ!
非道なガロンの行動に、怒りを露わにするサキたち。アクアを助ける!ガロンに勝つ!とサキとリョウマの心が一つになった時、夜刀神と雷神刀が光り始めます。
raijintou
そして風神弓の時と同じように夜刀神がパワーアップ、夜刀神・白夜に!威力11で銀製の武器に近いほどの攻撃力です。ガロンに弾かれていた攻撃も通るようになりました!よかった…始めは4つあると思ってたパワーアップイベント、ここまで来てもまだタクミとしかなかったからタクミ限定イベントなのかと思ってました。いったいどれだけタクミ関連のイベントは充実しているのかと。よかったねリョウマ兄さん!

強化された夜刀神を持って戦闘開始。縦に長く、障害物がほとんどないマップです。 
ターンが経過するごとに奥から敵が迫ってくるのですが、レヴナントナイト+ドラゴンマスター計5体、さらに奥からストラテジストとか、ドラゴンマスター、ダークナイト×3、ドロー持ちストラテジストの波状攻撃とかが左右で同時展開され戦力の配分が大変でした。
左はリョウマの回避やジョーカーの魔殺し、ヒノカやニシキで戦い、右はサイラスとクリムゾン、魔法はゾフィーに受けてもらいました。このマップ、後述の原因で何回も戦う羽目になりましたけどドローは1回も使われませんでしたね。
一人ひとり潰していきついに残るはガロンと隣り合うメイドとソーサラーだけに。
ガロンの攻撃が強くて怖いので突撃させるのはリョウマと、防御に自信のあるサイラスとクリムゾンだけにして、回復役をすぐ後ろに待機させて突撃します。
ソーサラーをリョウマが一撃で倒し、メイドもサイラスとクリムゾンで撃破。残るガロンにサイラスを突撃させますが、サイラスが必殺を食らって敗れました。
…これさ、もう良くね?だってもうあと終章しか残ってないし。あと1マップくらいサイラスいなくても行けるだろ…サイラスもガロンと戦って倒れたなら本望だろ…ストーリー上は死んだわけじゃなくて撤退だし…
…いやいやここまでリセット繰り返して犠牲者0で来たんだ、ここで諦めたら後悔する!という訳でまたリセット。今度はサイラスが必殺を食らうこともなく、リョウマとサイラスでガロンを削り、サキがとどめを刺しました。


ガロンが倒れ、ようやく長かった戦いに決着がついたかと思われたそのとき。天井を見つていたガロンが、巨大で禍々しい姿の竜に変貌しました。再び戦いが始まりますが、あれほどパワーアップした夜刀神がガロンの攻撃で折れてしまいます。それでもリョウマとタクミを庇おうとしたサキは、ガロンの攻撃を受けて倒れてしまいます…


そのままマイキャッスルに戻ることなく、ノーセーブで終章へ。
えっ、待って!マイキャッスルに戻れないのは分かるけど、セーブはさせて!明日も早いのよ!

サキが目を覚ますと、そこは暗夜にある懐かしい北の城塞の自室でした。
ベッドで眠っていたサキの周りにはフローラとリリスにエリーゼ、そしてマークスがいます。
いつもなら氷を使ってでもサキを起こすフローラは何故かサキの寝坊を咎めません。うん、寝てたいよね。私も寝たい。明日も6時起きだから。ちなみに深夜2時を過ぎています。
エリーゼに諭されて、やっと自分が戦いの最中だったこと、ここにいる人達にはもう会えないはずだったことに気づきます。どこかから、仲間が戦っている声も聞こえてきました。静かな室内で戦いの声だけが聞こえるってなんだかシュール。

再び立ち上がる決意をしたサキは、フローラ、リリス、エリーゼ、マークス一人一人に見送られて、この道の行く末が重なるときにまた会おうと誓います。
出撃メンバーの呼びかけに応えて目を覚ました時には、折れた夜刀神も直っていました。そしてアクアの歌がガロンの動きを封じます。
見送りは嬉しいけど、やっぱりセーブさせてもらえないかな!


そうしていよいよ本当に最後の戦いです。
崩壊した玉座の間を舞台に、中心の僅かなスペースに自軍が集まり、周囲を強力な敵兵とゴーレムに囲まれています。安全圏少ない上に障害物で攻めづらいし、これ一人も犠牲出さずにいけるのか…?一人でも死んだら27章からやり直しだぞ!
でも勝ってしまってもこの時間からED始まったら寝るの何時になるんだ!?「あらすじ(27章)に『最後の戦い』って書いてあるけど、終章あるから途中でやめられるだろ~」と思って深夜に突撃するんじゃなかった!!

左上の敵が特に強力な気がしたのでそっちに戦力を集中したのですが、間違いでした。集中させても負けました。敵が手薄なところから強いユニットで片付けて、安全圏を広げて陣形を整えるべきだった。
まあ、27章からやり直しだけど仕方ないね。リセットして就寝。
そしてたった今気付いた。
なんで中断セーブのこと忘れてた!!??
なんのための中断セーブだよおおおおおおおお!!!
どうせ負けてやり直しになるとしてもさっさと寝ればよかった!!

日を改めて、27章から再スタート。もう必殺さえ受けなければ必ず勝てる動かし方を覚えたマップをクリアし、夜刀神が折れ、竜になったガロンの攻撃を受け、マークスたちに見送られて、終章の戦闘開始。
今度は敵の少ない右下から攻めていき、結構イイ感じに攻められていたのですがサイラスが必殺を食らって敗れました。
…これさ、もう良くね?だってもうこれで最後だし。サイラスも最後の最後の戦いで倒れたなら本望だろ…ストーリー上は死んだわけじゃなくて撤退だし…
…いやいやここまでリセット繰り返して犠牲者0で来たんだ、ここで諦めたら後悔する!という訳でまたリセット。「サイラスが必殺を受ける」って、私のリセットの原因で結構多い割合を占めてると思います。攻撃を受ける回数が一番多いからなんでしょうけど。

もう惰性で人間ガロンを倒し、さすがに3回目ともなると兄さんたちの見送りもスキップ。仲間の呼びかけと主人公復活もスキップして、終章の戦いへ。
2回目と同じように攻め、少しづつ敵の数を減らしていきます。弱い弱いと思っていたサキはいつの間にかゴーレムを追撃で倒せるほどになっていました。そして上の方も攻めていき、ガロンの周りの敵がある程度減ったところでこちらも攻撃を加えます。
本当はサキを向かわせたかったけど、サキでは反撃に耐えられませんでした。竜ガロンにある程度ダメージを与えられて、反撃にも耐えられるという条件を満たしているのはリョウマとニシキしかいませんでした。後世にはキツネを従えたサムライが竜に立ち向かう図が伝わることでしょう。
そしてリョウマが必殺+流星を発動してくれたおかげで、ガロンのHPが一気に減り、サキでとどめを刺せないところでした。ギリギリで耐えてくれたガロンGJ。しかし、ガロンが攻撃範囲に入った敵に問答無用で近づいて攻撃してくるタイプだったらこうはいかなかったですね。
そうしてもう瀕死になったガロンにジョーカーと防陣を組ませたサキがとどめを刺し、ついに、ついにガロンを撃破。人々を散々苦しめた悪は滅びたのでした。

実は、この戦いで一番素晴らしい活躍したのはディーアなんですよね。左下の方、ゴーレムとブレイブヒーローとダークナイトの攻撃範囲が重なっているので誰も前に出すことができなくて攻めあぐねていたのです。そこにダークナイトが自軍が密集している中心部に攻めてきて、ヤバい魔防弱い奴らが死ぬ!!倒しにいってもその後ブレイブヒーローとゴーレムに殺られるじゃん!!詰んだよこれ!!となったところで、今まで一度も使ったことがなかった神風招来をディーアが持っていることに気付いて、動きを止めて事なきを得ました。
あれがなければ4回目の戦いをすることになるところでした。あれはまさに神の一手。


さあエンディングです。
サキに倒されたガロンは人間の姿に戻り、あの時お前を殺しておくべきだった、と言いながらも穏やかな顔をしていました。
意思を無くした時から、こうなることを望んでいたのかもしれない…と言って消えていきます。
野暮なことを言うようだけど、「私は、誰かに止めて欲しかったのかもしれない…」というのも割りと小物な敵が言うセリフだと思う。

そして、今までも、戦いの間中も歌を歌い続けていたアクアの身体は既に限界を超えており、彼女の身体が徐々に消えていきます。きょうだい一緒に暮らす夢がある、だから消えたりしない、そう約束したはずなのに…
aqua
驚き、悲しむサキに、約束を守れなくてごめんなさい、あなたは幸せになって…そう言ってアクアの身体は、水滴となって空中に舞い上がり、消えていきました…

いままで何度も、危ない感じを見せてたけど…結局、助けることができませんでした…
アクア、ごめん…
序盤以外ほとんど出撃させてなくて、ホントごめん…!!
だから支援会話も全然見れてないし、サキとの支援も無しの状態なんです…
ああここでアクアの歌が使えたらなーって場面も何度もあったんですよ。次は使うから!
まあそんな場面って大抵アクアは行動済みなんですけどね。踊り子を再行動させる踊り子が欲しい。


最後の戦いからしばらくして、白夜王国ではリョウマの戴冠式が行われていました。白夜のきょうだいはもちろん、生き残ったカミラとレオンも、友好国の王族として参加しています。
ヒノカとサクラは感動で号泣、それを見てタクミももらい泣き。
カミラは王位継承権をレオンに譲り、暗夜王国はこれからレオンが治めていくことになるそうです。
そして、きょうだい揃って町で行われている祭に繰り出すことになりました。

そんな中、サキは一人離れてアクアと初めて出会った泉に来ていました。
アクアがいつも歌っている歌が聞こえ、近づいてみると…そこには、いるはずのないアクアの姿が。
この泉には何が見える?注意深く見れば、今まで見えなかった世界が見えるはず…
夢だったのか、幻だったのか、意味深な言葉を残して、アクアはまた消えました。


町の上空で、ヒノカの天馬に乗せてもらうサキ。下からはサクラとタクミが呼びかけてきます。
広場に降り立つと、恐らく新しく建設されたであろうミコトの像の前でリョウマが立っていました。
そして像の前で全員が集まり、きょうだい皆で永久の平和を築いていくことを誓い合うのでした。

byakuyaED

ファイアーエムブレムif 白夜王国、これにて完結です!!


いやー終わりましたね、3分の1が!!
世間では皆3ルートどころかDLCまで全部終わってるというのに、自分はこの体たらく!自分ゲームのプレイ遅いんですよねー。

さて端的な感想を言うと…
とんでもない弟ゲーを作ってくれましたISさん。

発売前情報では、暗夜弟イケメンだね、天才で皮肉屋なタイプ?主人公のことちょっとバカにしてそう。
白夜?いえ自分コテコテの剣と魔法ファンタジーが好きなんで、和風要素は別に惹かれるポイントじゃないんで…弟は主人公に突っかかってくるキャラだよね。
ぐらいの認識だったんですが…

まず1章でレオンが法衣を裏返したところで私の認識も裏返る。お前そんな顔してドジっ子かよぉ!?
そして2章で暗夜きょうだい全員で主人公を助けにかかり、6章の選択後では「逃がさない」って、今まで捕まえてた認識なんですかレオンさん!
タクミは案の定…というか思った以上に暴言の数々を使って主人公に突っかかってくる(「厄病神!」はひどいだろ!)。そしてあっさり敵に操られてあっさり解放…と思ったら終盤まで操られてることにすら気付いてなかったとか…
しかも付け込まれた部分が「きょうだいに認められたい」っていう心だという…
16章では病気でぶっ倒れるし、それはヒロインとは限らないけどツンデレ系じゃなくてもっと健気で儚い感じのポジションのキャラの役割だと思う。
いつもつんけんしてる感じなのに、マイキャッスルで話しかけてみれば「ヒマなら話でもする?」って言ってくるし、レベルアップすると「えへへ…」とかって言うし…。
そして18章の神イベントな。それまで暗夜のきょうだいと戦い続けて、分かり合うのは無理なのか…と思いかけてたところでレオンの本音が聞けるイベントな。あれはもう、ありがとうございますとしか言えない。ありがとうございます!!
暗夜ルートでも弟とのイベント期待してます!


よく使ったユニット紹介(レベルは27章突入時のもの)

サキ 白の血族 Lv.11
始めは攻撃も普通、防御魔防共に弱くてあまり使えませんでした。
しかし専用武器パワーアップイベントと、力が徐々に伸びてきて、終盤は攻撃は恐らく全軍トップクラスになった…のだが、それに気付いたのは本当に最後のあたりでした。きっと外見が小柄な女性に設定したせいでそんな風に見えないからだ。
真竜石をカミラから奪ったものの、武器レベルが足りなくて結局一度も使えませんでした。いつも剣で戦ってたからなー

リョウマ 剣聖 Lv.14
強すぎ。
間接攻撃が強いし、敵の攻撃はヒョイヒョイ避けて滅多に当たらないし、必殺は出やすいし、さらに流星も合わさるとラスボスすらかたなし。
最後頼りすぎてしまってLv17までいったのは覚えてる。

タクミ 金鵄武者 Lv.12
始めは目を見張る攻撃力だったけど、中盤以降皆が育ってからはあまり目立たなくなりました。が、最後まで安定したダメージソースでした。終盤に逆和弓を持たせてからは更に活躍してくれたので、もっと早く持たせてあげればよかった。(2本目を手に入れるまではセツナに持たせてた)
風神弓の効果があるんだから弓聖にCCさせた方がいいことは分かってます。でもかっこいいじゃないですか金鵄武者!!金鵄から飛び上がって弓を撃つのとかかっこいいじゃないですか!!

ヒノカ 聖天馬武者 Lv.13
最終的にこの人が魔防No.1になりました。後半は力が足りなくてなかなかダメージを出せなくなりましたが特効武器でカバーしてました。

サクラ 戦巫女 Lv.3
杖役として始めから終わりまで活躍してくれました。CC後は弓が使えるようになったものの、役に立つ機会はありませんでした。魔力依存の弓があればなぁ…。

サイラス グレートナイト Lv.12
皆の壁役としていつも先頭に立ち、その攻撃力と月光と嫁の麗刀で敵を倒してくれ、見事戦績一位に輝きました。その分必殺や魔法で倒されることも多かった。
「皆を守る!!」っていう系統のセリフは、実力が伴わないととことんネタにされますからね。それに見合う強さでよかったです。
FEにも緑風さんとかいますし…

ジョーカー バトラー Lv.33
杖、魔殺し、通常武器と爆炎手裏剣を使い分けて間接攻撃…と活躍の機会が多かった旦那。一番役に立ったのはやっぱり魔殺しだと思う。そしてなによりモーションがかっこいい!くるっと回って攻撃を避けるのかっこいい!

ツバキ 兵法者 Lv.10
移動高いユニットも杖使えるユニットも他にたくさんいるしなぁと思って聖天馬武者ではなく兵法者にCCしました。サイラス・クリムゾンを抜いて防御力一位になり、囮としても使いましたが、武器レベルがネックとなって槍以外は反撃という面では役に立ちませんでした。槍はビーストキラーとか剣薙ぎの薙刀とかありますが…。術書使ってあげればよかった。

ニシキ 九尾の狐 Lv.12
数値的には魔防以外飛び抜けているものはないのですが、すごく役に立ったユニットです。強かった。迷ったらとりあえずニシキをぶつければ大丈夫!といった感じでした。雑魚なら追撃で倒せますし、攻撃を受けても簡単には倒されないですし。ラスボスにもリョウマの他は彼しか立ち向かえる人はいなかった。本当に感謝です。暗夜ルートで殺さなければいけないかもしれないのが辛い。

クリムゾン ドラゴンマスター Lv.14
サイラスと並んで壁&反撃で沈める役をしてくれました。斧をまともに使える唯一のユニットで、ハンマー、キラーアクスを役立てられるのは彼女だけでした。

スズカゼ 上忍 Lv.12
後半は攻撃があまり役に立たなくなりましたが、毒蛇で追加ダメージを出したり、厄介なユニットを滅殺で1撃で倒してくれたり。滅殺は決まると嬉しいですよね。あと鍵開け。

セツナ 弓聖 Lv.11
世間的にはユニットとしてはあまり強くないと言われてますけど、私のセツナはそんな感じしなかったですね。弓ユニットとしてはタクミより役立ったぐらい。ああでも一軍の中では戦闘力が飛び抜けて低い…確かに1ピン2ピン当たり前だったしなぁ…
でも前には出さないし、力と速さと技だけあれば大丈夫!力はあまりないけど、速さはスズカゼに次いで2位だよ!そして何よりお気に入りユニットですから!

ツクヨミ 婆娑羅 Lv.5
一軍で唯一の呪使い…だけど、後半は目立った活躍は無かったかな…魔法攻撃は爆炎手裏剣あるし…。
相手によってはダメージも通るし、間接攻撃で安全に攻撃もできるのですが。育ててたのですがなぜか目立てなかった。

ディーア ストラテジスト Lv.12
魔殺しを受け継がせたものの、こっちも魔道書使いなので反撃はほぼ通らなかった。
武器レベルのせいか?攻撃はそれほど…だったので、主に動ける杖役として活躍しました。あと魔防の叫びもよく使った。

カンナ 白の血族 Lv.9
弱くはないんだけど、見た目が小さくてかわいそうなので出撃枠に余裕がある終盤しかあまり戦闘には出さなかった。

ゾフィー パラディン Lv.10
全体的な能力値が高くて、オールマイティに活躍してくれました。何かあまり特筆することは無いかも。よく使ったし、敵も倒してたんだけど…
普通に攻撃して、(服を脱がせる以外は)普通に倒してました、としか…。ああ、魔防がちょっと高いので魔法を食らっても一撃では死なないのが良かったかな。サイラスとかは下手すると一撃で死ぬし。

ちなみに一番レベルが高かったのは加入マップ以外使ってないマトイだ!

プレイ時間はセーブデータで見ると47時間ほどでしたが、思い出きろく帳だと72時間でした。


さてこれにてファイアーエムブレムif 白夜王国終了です。
次は暗夜王国やりますよ!待っててね暗夜きょうだいの皆!
スポンサーサイト

テーマ:ファイアーエムブレムif - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/329-0ce084d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。