FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼルダの伝説 スカイウォードソード-その3 なんであの黄色はクリアするとサングラス掛けるんでしょうね

オルディン地方に降りることができる光の柱は、神殿の方から向かうと近そうなので神殿へ向かいます。
その道中、島に住むクーコという女の子がいなくなってしまったということを彼女の母親から聞かされました。スルーできそうな感じだったし、正直僕はゼルダを探すために急いでるんですけどねぇ~と言いたいところですが、どこにメインストーリーのフラグが転がっているか分からないのでね。喜んで探させていただきます!

とはいっても手がかりまるで無し。どうしたものかと考えて、とりあえず聞き込みです。
ついでにスカイロフトの東のほうはまだ行ったことがなかったので散策する。
Z注目で人間の情報もファイから聞けるんですね。
キコア先輩の家はスタルチュラハウス思い出してビビったよ!ただ掃除が苦手なだけかよ!

人々の話を総合すると、クーコは昨日墓地の方へ行ったと。そして墓地には何やら化け物が住んでいるらしい。
どうせ化け物とか、何かの見間違いだろ~と思ったらホントに魔王のような見た目の魔族が住んでた。
でも中身はただのおじさんでした。クーコも一緒にいました。
この魔族、人間になってみんなと仲良くなりたいらしいです。
感謝の気持ちを集めるといいらしいですが、どうやって集めるんだろうな?まだ見つけたことがないので分からないです。


感謝の気持ちのことはとりあえず置いといて、今度こそオルディン地方に出発。
このオルディン火山というのが後のデスマウンテンなのでしょうか。
ゴロン族にまた会うのかなぁと思っていたのですが今回は会わず。代わりにいたのはモグマ族という地中に住む種族でした。彼らからは地面を掘るためのツメとボム袋の2つもアイテムを貰うことになります。

ゼルダを探して、バクダン花を駆使しながら火山を登っていきます。前回の神殿とは違い、ここは落ちると下がマグマでダメージを受けるので迂闊に試行錯誤ができません。
さらに慣れないリモコンでのバクダン花の投げる・転がすの操作ミスでライフは常にピンチ。
それでもまあなんとかギリギリやってこれました。
沈む足場の先にある爆破ポイントまでどうやってバクダンを抱えながらダッシュするんだろうと大分悩みましたが。持って行くんじゃなくて転がすんですよね。

大分上のほうまでやってきましたが、行き止まりのようです。
そこにあったのはモグマ族のコンサイさんが開いている店で、明らかに目的地とは違います。
それでも何かの手がかりをくれるかなぁと思ってとりあえずミニゲームをプレイ。バクダンを掘り当てるまでルピー堀り放題。
Minesweeper
ちょうど元をとったぐらいのところでバクダンを掘り当てました。
後で回りにいるモグマ族に聞いたのですが、このミニゲームはマインスイーパみたいに、掘り当てたルピーの金額で隣接マスにあるバクダンの数が分かるんだそうです。

…で、結局手がかりナシ。
もう一度戻って火山をウロウロしてみましたが他に道も無し。
ライフも危なくなってきたしどうすればいいんだ…と疲れて再びコンサイさんの前まで来てA連打していたら、偶然椅子に座って会話が始まり、思わぬところでヒントをくれた上に、ライフの回復まで。
椅子に座るとライフ回復するのか…!

ボコブリンのやぐらは、トワプリではアタックで上にいるやつを落とせたけど今回は無理だったのでギミックのあるオブジェだとは認識していなかったんですよねぇ。まさか橋にできるとは。
ここまで散々悩んでやっとゼルダがいるらしい神殿の前にたどり着きましたが、今度は神殿の鍵が5つに分かれているので大捜索です。
謎解きで詰まることはなかったのですが何にせよ範囲が広いので更に疲れました。

ようやく神殿の中に入ることができ、ここからが本番です。
でもこの大地の神殿はあまり広くはありませんでした。…が!
盾を破壊してくるリザルフォス、いたるところに流れる溶岩とバクダンの操作ミスで削られるライフ、おかげでクスリを買いに2回ほどスカイロフトに戻る羽目になりました。さらに初めてゲームオーバーにもなりました。
盾で上手く攻撃を弾けないと一気に盾ゲージ減りますね。中ボスのリザルフォス2体はドドンゴの洞窟の時と同じくらい苦労しました。

あと、せっかく地図に☓印がつけてあったのにそれが何を意味するのか気づけなかったのがプレイ時間が長引いた原因かなと。せっかくの製作者の親切丸つぶれだよ!
でも壁のヒビがよく見えなかったんだよ!きっとテレビが悪いんだ!トワプリの時にも触れたSHARPの10数年前の21インチテレビまだ使ってるんですよ!放送は映らないけど。テレビ見ないから買い替える気ないよ!
トワプリはまだ4:3に対応してましたけど、これは完全に16:9ですよねー。

無駄な苦労をしながらも奥へ進むと、ボス部屋の鍵は仕掛けも何も無い普通のところに置いてありました。
これは何かあるな…と警戒していたら、いきなりインディー・ジョーンズが始まりましたよ。

私インディー・ジョーンズ見たことないので、インディー・ジョーンズ=岩という方が正しいのかどうか自信が無かったんですがLEGOのパッケージ見る限り間違ってないようですね。よかった。
indy
ここは岩にぶつかったら1発でゲームオーバーです。妖精がいてもです。後のイベントに繋がらないので。ええ3回ゲームオーバーになりましたとも。
カメラを後ろからの視点に直しているヒマもないので、手前に向かってダッシュでようやく避けられました。
その後岩は竜の像の口に飲み込まれ、ボス部屋の先へ。

こちらも鍵を開けて部屋の中に入ると、そこにはまたあのギラヒムがいました。
どうやらまたゼルダに逃げられたようで、でかい口叩く割にしょーもないなぁと竜巻で別れて以来一度もゼルダに会っていない自分を棚に上げて思う。
あと、「我らが主の復活にあの巫女が必要」とちょっと気になることを言っていました。

ギラヒムの魔法か何かで、あの大岩から溶岩の手足が生え、ボスのベラ・ダーマへと変化しました。あれ、これ自分はもうボスに3回負けたことになるんだろうか


1本の坂道になっているフィールドを登ってくるベラ・ダーマ。しかし途中で両脇に生えているバクダン花を爆発させて、その衝撃で下まで転がっていきます。放置していてもこれをずっと繰り返すのですがダメージをくらっている様子はありません。
その後火炎球を吐いてくるのですが、その予備動作の間にバクダンを口の中に入れればいいと気付いたのは1回ゲームオーバーになってから。爆発した後目玉を攻撃しなければいけないと気付いたのはさらに後でした。
ゲームオーバーになった後ってファイが助言をくれるんですね。

トワプリの時は確かBボタンのアイテムは使う時もBでしたよね?その名残でバクダン転がそうとしてB2回押してしまっちゃうんですよ。
その間に向こうは体制を建て直してしまうんですよねぇ…
素早い動作が必要なボス戦においてこのロスは大きいですよ。慣れないと思い通りにいかない。

ファイの働きに不満はありません。至るところでアドバイスや小ネタを提供してくれて、装備のチェックをしてくれて、果てはプレイ時間やWiiリモコンの電池の残量まで伝えてくれるあなたには頭の下がる思いです。
でも、少しでいいんです。バクダンを投げてくれるだけでいいので、戦闘を手伝ってくれたらすごく楽になると思うんですよねー。

ナビィや赤獅子さんは手伝えないの仕方ないと思うんですよ。
でもミドナは割と手伝ってくれましたよね。B長押しで範囲攻撃。
ファイもせっかく人型なんだから、バクダン投げてくれたら…と、ナビゲーションキャラに過剰なサポートを期待してしまうほどには操作ミスをしていました。
でも、ファイ=剣と考えたら今まで手伝いどころか彼女メインで戦ってたことになる。( ゚д゚)ハッ!ギラヒムが「その剣に感謝しなよ」と言っていたのはそのことか…!?

うん、まあこのボス戦を一言で言うと、

dama

すごく怖かった…
だってあいつ、追いかけてくるんだぜ?坂の下の方から…
でも離れすぎると火炎球を打つまでにバクダンが届かないんだぜ…


結局40分くらい戦ってたみたいです。
神殿までの道のりで一苦労、鍵探しに一苦労、神殿の中でまた一苦労、ボスを倒すのにも手こずって、何回ゲームオーバーになったかな…
とにかくオルディン地方の旅は疲れました。

やっとのことで先に進むことができ、今までずっとニアミスしていたゼルダとようやく顔を合わせることができました。
彼女は一瞬嬉しそうな顔を見せたものの、そばにいた女性…多分インパだよなこれ…に促されて、リンクを置いてすぐに何処かへ行ってしまいました。
インパ(仮)に力不足を指摘されるも、ゼルダに会えたことで気分が上向いているらしいリンク。
ゼルダをさらに追いかけるため、次はラネール地方です!
スポンサーサイト

テーマ:ゼルダの伝説 スカイウォードソード - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/312-5a833563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。