嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼルダの伝説 スカイウォードソード-その2 その服は笑ってあげるべきなのか、笑わないでいてあげるべきなのか

旅立ちのための準備も終わり、いよいよ未知の世界である「大地」へ向けてレッツダイビング!!

女神の力でスカイロフトと大地を隔てていた厚い雲に穴ができ、そこから大地へ下りられるようになりました。

dive
…だからと言って身一つで飛び込むか!?高度何mかは知りませんが、失敗したら確実に死が待っている高さ。せっかく鳥に乗ってるんだから鳥で降りればいいじゃん!
そしてこれだけの高さでもパラショール1枚で無事に降りることができました。着地前にBを押すことができたのは奇跡。押してなかったらどうなってたんだろう。


降り立ったのは森の中で、封印の地と呼ばれる場所でした。螺旋状になっている場所の一番下にあった、禍々しいオーラを纏う物体に女神の剣の力を当てると、近くにあった扉の封印が解けたようでした。
扉の先には老婆がおり、後々イベントに深く関わってきそうでしたが今は少し話を聞いただけで終わり。ゼルダがこの先に行ったというので後を追います。
ここで教えてもらえるのろしは、はじめは使わないからいらないかなぁと思っていたのですが後にスカイロフト周辺に無数にある浮島を移動する時に役に立ちました。

先に進むと、そこは「フィローネの森」。トワプリにも出てきた地名ですね。あの時代まで名前も森も残ってたのか。
ゴロン族がボコブリンに囲まれていたので助けます。本格的な戦闘はここが初めてです。
敵のガードの方向を見極めて、裏をかいて攻撃を当てるーというのが今作ではリモコンによる剣の操作で可能。すごく楽しいです。あとAでバックステップはトワプリと同じなので、ついA連打で回りこんで背面斬りを期待してしまう。

まあ雑魚なので軽く倒し、ゴロンから大地に伝わる天空の伝説を少し聞いて更に奥へ。
するとまたボコブリンの集団に襲われている人がいました。
こいつらは強くもないのにいつもいつも集団で行動しているせいでトワプリの時も面倒くさかったんですよねぇ…そういえば今度ゼルダ無双が発売するらしいですね?ボコブリンも敵として出てくるんだろうか…?と思って今初めて動画見てみたら予想以上にボコブリンだらけでした。画面いっぱいに広がるボコブリン。悪夢でしかない。

そして今度襲われていたのはゴロンではなく…
matyaaaa
あらかわいい。鳴き声もかわいい。
ファイが言うには森に住むキュイという種族らしいです。名前はマチャー。かわいい。
彼の話を聞くと、ゼルダはキュイの長老と一緒にいるということなので長老のところへ行きます。
長老はリンクの2倍はあろうかという巨大なキュイでした。それだけデカい図体でボコブリンに襲われるって一体。あ、でもあいつら刃物持ってるしな…刃物は恐いよな…
魔物に襲われた他のキュイ達が心配だというので、残り3匹のキュイを森の中を探し回りました。正直ダウジングはあまり使わなかった。
途中、デクナッツとの戦いで盾がぶっ壊れました。意外と壊れるの早いですね。
一旦スカイロフトへ帰り、盾とついでにテリーの店で虫取り網も買いました。虫がいるのを見るとつい気になってしまうので。本当は財布を拡張したほうがよかったんでしょうけど。
あと、木の実を突くと剣に刺さるのが地味に面白かった。


そしてゼルダは1人で森の奥にある天望の神殿に向かったということでした。初ダンジョンです。
中はキノコやら苔やらが大量に生えていて薄暗いです。
モンスターはデクババや緑ボコブリンには苦労しなかったのですが、スタルチュラにはちょっと苦労させられました。上手く剣を当てて裏側を攻撃しないといけないんですが網を張ってる奴は近づくと攻撃してくるし。
地面を歩いてる奴はどうやって裏返せばいいのか分からなくて危うくライフが0になるところでした。下からすくい上げるのね。
ファイの説明にネタが入ってる時があるから聞きたいんだけど攻略法は自分で考えたいというジレンマ。パンツへの執着とは一体。

仕掛けの方は最初のダンジョンということもあり、ほとんどスイッチをいれるだけという単純なものでした。でも目玉に「尖ったものを見続ける習性がある」と聞いてすぐ剣で目を回させることを思いついた自分を褒めたい。
いつもだったら思いつくまでにかなり時間かかりそうなのに、なぜこの時だけ。
あと最後の部屋で、蔓を乗り継いでボス部屋の鍵を手に入れる所。結局は自分の飛び方が悪かっただけみたいですが何度やっても上手く行かず、まだ見逃している仕掛けがあるのかとずっと部屋をぐるぐるしていたのが一番苦労したところですね。
そういえば今回は落ちても体力が減らないんですね。他のシリーズではシビアな飛び移りを何回も失敗してピンチに…なんてこともよくあったのですが。

さて無駄に苦労しましたがボス部屋の鍵も手に入れ、どんなボスが待ち受けているのかなーと扉を開けたところ。
girahimusama
そこにいたのは、魔族長を名乗るファッションセンスが奇抜な男・ギラヒム。
ゼルダを追ってこの神殿までやってきており、彼女が飛ばされたあの竜巻もこいつの仕業なんだとか。
ここで彼と戦闘になります。攻撃は2パターンしかないのですがまだ自分が剣の間合いを測りきれてないらしく(壺壊すときもよく空振りするし)、結構なピンチになりました。
奴の飛ばしてくる弾を弾き返すか、斬撃を盾で止めて攻撃するか…この繰り返しで壺で回復しながらも勝ち…というか向こうの気が収まっただけらしい。戦っている間にゼルダが移動してしまったらしいので、ギラヒムも何処かへ消えてしまいました。

余談ですが、戦闘前にギラヒムが「君のような子供にムキになるのも~」と言っていたのを見て思った…というか前から思っていたことを思い出したのですが。
子供リンクと区別して、時オカ7年後世界のリンクと、トワプリ、スカウォのリンクことを「大人リンク」って呼んでますよね。でも大人リンク(16~7歳ぐらい?)もまだ十分「子供」と言える歳なんですよね~。と言って他に子供リンクと区別するときの上手い言い方見当たらないし。ここのところモヤモヤします。

神殿の更に奥に進むと、そこには美しい泉がありました。もしかしてトワプリでフィローネがいた泉か。
そしてファイが古の言葉を翻訳すると言っていきなりフィギュアスケートのごとく踊りだしました。古の言葉って肉体言語なの?
その言葉によると、ゼルダは別の聖地であるオルディン地方に既に向かったとのこと。地上に降りるための新しい石版も手に入れ、次はオルディン地方に向かうことになりそうです。
スポンサーサイト

テーマ:ゼルダの伝説 スカイウォードソード - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/311-d3ba54bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。