嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタジーライフ-その5 主人公のバッグってすごい、改めてそう思った

※ネタバレあります

konororikonndomome!
この人ロリコンです!!

錬金術師のライセンスもマスターになりました。錬金術師って私が今まで経験した他のライフと比べるとライセンスが上げにくかった気がしますね。素材が集まりにくくて。店で買えるようになるのが他と比べて遅い気がします。ネックレスのするどい爪やじょうぶなキバなんかは集めるの苦労したし、(そもそもどのモンスターがドロップするのか分からなかった)、ブレイブチャームに必要な不思議な物体なんて店で買えるのマスターになってからじゃないですかー!

それから、裁縫師のライセンスがえいゆうになったことを王に報告したら専用装備をくれました。デザイナーズドレスだそうです。
designer's
おお、結構カッコイイぞ!これは男専用の装備も見てみたい。
しかもかなり強いのです。裁縫師として英雄と呼ばれるまでになったのに、今まで作った服よりも他人に貰った服が一番強い。


装備も強化した所で、マーズものがたり第6話を始めていきます。
しかし基本的に冒険は魔法使いでするため、デザイナーズドレスは着れないんですけどね。
ちなみに今はスマイルハットにアースローブ、背中にはルーザから貰ったこうもりマントを羽織っています。

ファンタジールを救うための世界会議が行われるため、各国の代表はクルブルク城の大広間へ集まります。
そこへ何故か一緒に出席する主人公。本当に何故だ…

ユエリアは本来の姿に戻り、全員にファンタジールの危機を改めて伝えます。
曰く、ファンタジールは今力を失いつつあり、近いうちに滅んでしまう。ドクロ石とは空が崩れたものの欠片であって、それが落ちてくるのが力を失っている証拠なんだとか。
そしてファンタジールを救うためには、人々の願いの力が必要だと。「ライフ」というのは、人々が「こうありたい、こうなりたい」と願ったものであるため、物語で重要な意味をもってくるんですねー。
しかし人々が願いを持つこととファンタジールが力を取り戻すこととの因果関係がよく分からないですね。ユエリアもホントにこれで世界を救えるか不安になっているようです。

そしてなぜユエリアがこんな詳しい事情を知っているかというと…彼女の父親はこの世界を創った人物だから…
つまり、ユエリアはマジで神の子。
いや女神の娘だというのは知ってましたけど、創造主レベルの神の子だったとは。
そうして父親からファンタジールが滅びることを聞かされたユエリアは、渋る神を押し切ってこの世界にやってきたのでした。ついでにノーラも。今までノーラは周囲をいいように使う女王様に見えていましたが、この時のやり取りを見ていると脳天気な姉に振り回される苦労人に見えて来ました。

さて状況説明は終わり、議題はどうやったら世界を救えるかです。
ピーノは神に直接抗議すべきだと言います。確かに。神と繋がりがあるならそうしようと考えるでしょうね。まあでも回想シーンで「滅びを止めるのは難しい」と言っていたんで神が直接どうこうするのは無理だと思いますけどね。

しかしここにいる人達には回想シーンは見えていないのでその方向で話が進みます。神のいるマーズに行くには、先日コモレヴィで見つけた女神の船を動かす必要があります。その燃料として必要なのが、超強力な飛行石。
ああ、知ってます知ってます。これでしょう?友人がカバンにつけてました。

hikouseki
青山で買ったそうです。

で、そんな強力な飛行石がどこにあるのかというと、ファンタジールのどこかにある…かもしれないという空に浮かぶ島、空島なら…という話でした。精霊の国の時のように、その存在すら疑われていましたが、クルブルクにかつて見たことがあるという人がいました。しかし今まで誰にも信じてはもらえなかったそうです。会議の休憩時間を利用して、そのパイロットに話を聞きに行きます。
この休憩時間の時の各国代表たちの会話が面白かったです。フェリア王妃は昔エリック王より強かったらしいですが、鎧を着て剣を携え駆け回っていたと…

kyuukei
国王…あの噂は本当だったのですか…

さて休憩時間が確実に終わっていそうな長い自慢話だったようですが、要約すると、空島を見た。優秀な弟子はいなくなった。
…なんの手がかりにもならねぇ…

で、その弟子は空島を探しに行ったのではないかとの希望的観測の下、彼ロビンがポルトポルトにいるとの情報を掴んで、さらに詳しい情報を手に入れるためオリビアに話をしに城に戻ります。
ポルトポルトの飛行船大臣であるラトビスに聞けば居場所が分かるのではないかとのことで、ポルトポルトに向かうことになりました。他の皆は会議を続けるそうです。久々に適材適所。別荘ワープに慣れると飛行船に乗るのももどかしく感じる。


で、ラトビスは食堂の外で呑んだくれてました。麦ジュース…一体どんな飲み物なんだ…
麦ジュースがアリならぶどうジュースもアリだと思うんですよ。あ、そっちは実際にあるから区別できないか。
ロビンはラトビスに技術を教えてもらいに来ていたのですが、ラトビスがこんな感じのため相手にしてもらえなかったそうで。今はとりあえず工房で飛行機を作ってるみたいです。娘のヒカリが教えてくれました。
ロビンに会いに行くと、なんと一緒にいたのはノーラ。彼女はドクロ石を集めていましたが、それは女神である母が住んでいたという空島に向かうためでした。十分な量を集め終わり、これを燃料として飛行機で使うためロビンのところにいたのです。そして今まで何も手伝わなかったのにそれに便乗する主人公とユエリア。これは怒る。

なんだか上手くいきそうな感じになってきましたが、ヒカリは浮かない様子。父親のことが気になるみたいです。
ラトビスは、昔自分の整備した飛行機で相棒のラークが行方不明になったためにあんな風になってしまったんだとか。いつか空島を見つけようと誓った時に貰ったという小さな飛行石の欠片を見せてもらいました。
これをラトビスに見せるとラトビス再起!行き詰まっていたロビンの整備を助け、空島に向かう飛行機が完成しました。ロビンの操縦する飛行機に乗せてもらい、ユエリアとノーラと共に出発します。

とはいっても伝説の存在である空島。そう簡単に見つかるわけがない…と思ったら飛び立ってすぐあっさり見つかりました。ラピュタは本当にあったんだ!
いや、じつは省略されただけで1週間ぐらい飛び回ってたのかも?

もう少しで到着という時になって突然エンジンの調子が悪くなり、地面に向かって垂直に落ちました。これは死んだ。
しかしすぐ下にも島があったのか、気絶するぐらいで済みました。行方不明になってしまったユエリアと飛行機を探します。

しばらく歩くと、キグルミ族の集落がありました。謎の多い彼らですが、実は元々空島出身だったのでしょうか。
まあそれは置いといて、なんとそこには飛行機とともに行方不明になっていたはずのラークが。ラトビスはあんなに哀愁漂わせていたのに、その原因となった本人はめちゃめちゃ元気の上に脳天気だ。

飛行機を探していたら思わぬものを見つけてしまいましたがユエリアはまだ見つかりません。ロビンは集落に残し、ノーラと共に空島を歩きます。珍しいコンビです。
途中、かつて女神の研究をしていたという人が住んでいた小屋で飛行石の情報収集をしていると、森のほうに大きなドクロ石が落ちました。森の封印をノーラが解き、シャドウモンスターを倒しながら奥へ進みます。
奥にはさらに封印が。こちらの封印の方は解けず、困っているとなんだかデカくて不気味なキグルミ族っぽい生き物が現れました。ギガガビトといい、とても大人しい種族なんだそうです。知るか!子供が見たら泣くぞ!

「ギガ…。」としか喋らないギガガビトですが、ノーラは彼の言わんとすることがなんとなく分かるらしく、彼に付いて行くことに。いや、でも先頭主人公なんですけど。付いてきてるの彼なんですけど。
どうやら封印はもうひとつあったらしく、それを解くと奥に進む道の封印も解けるようになりました。
その先ではユエリアが巨大なシャドウモンスターを説得しようと試みていました。しかしもちろん聞く耳持たず。ユエリアとノーラと共に、奥にあるドクロ石を壊すため戦闘です。
せっかくだからモンスターも倒します。取り巻き3体は楽に倒すことができたのですが、ボスはダメージが1か0で相手になりませんでした。仕方なく諦め、石を壊しました。

落ち着いた所でユエリアと話すと、どうやら何かを見つけたらしい…
なんと、この島を浮かせている巨大な飛行石でした。「それはかつてお前たちの母親がファンタジールに来る時に使ったものだ」と天から声が聞こえて来ました。神の声が!神の声が聞こえる!

megami
これがファンタジールで崇められている女神様ですか。女神像とあんまり似ていない気がする!
この空島は元々超巨大なドクロ石で、これがファンタジールに落ちるのを防ぐために女神様は船の飛行石を使ったんだそうです。あー、それでマーズに帰れなくなってしまったのか…。ユエリア何歳なんだと前回書きましたが、マーズとファンタジールでは時間の流れが違うらしいです。これ一番辛いのは神様でしょうね。
ノーラも母との思い出のためにファンタジールを守ろうとしていることが分かり、タイムリミットは次の月食までということも知らされました。

この島を浮かせているんだから、飛行石を持って行って大丈夫かと思ったんですが大丈夫そうです。この飛行石には浄化作用があって、だんだんとこの島全体が飛行石になっていってるみたいです。それ「浄化」じゃなくて「侵食」って言わない?
むしろ心配なのは主人公のバッグか。それどうやって運んだ?

飛行石とラークを持ち帰り、ラトビスと再会させてめでたしめでたし。会議が行われているクルブルクに戻り、報告を済ませます。どうやら女神の船のエンジンも直ったみたいです。
でも…なんか動いてる上に喋っているようなんですが。虫みたいでなんか嫌だ!
スポンサーサイト

テーマ:ファンタジーライフ - ジャンル:ゲーム

コメント

麦ジュースは西洋で好まれるらしいですよ

バッグはあたしもビックリしました(苦笑)

ギガガビト、顔はそこまで怖くなかったけど、でかくて不気味(((;へ;)))

  • 2013/01/19(土) 14:10:48 |
  • URL |
  • ζ #-
  • [ 編集 ]

Re: ζさん

> ギガガビト、顔はそこまで怖くなかったけど、でかくて不気味(((;へ;)))
そうですよね!デカくて怖いんですよ!
ステータス画面を見てみたら、上のほうが少し見切れていました。
まあ…オデオンほどではなかったですけどね(笑)

  • 2013/01/24(木) 23:28:16 |
  • URL |
  • 薄荷飴  #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/292-8dda36dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。