嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタジーライフ-その2 動物愛護団体に目をつけられそうな戦い方しかできない

※ネタバレあります

貯めたハッピーで黒柴飼ったで!
selo

名前はセロ。Elonaで一緒に旅をしていた防衛者の名前を流用です。
防衛者は最初はセロリアだったんですけど、女性の名前っぽいので変えました。
今思えば黒天使のルネードの方が良かったかもしれない。黒柴だし。
しかし人間の仲間と比べると弱いですねぇ…自分の戦闘スタイルが魔法使いなので、必然的にセロが前衛となるからというのもあるんでしょうが…聖剣LOMのペットみたいに、敵が狙うターゲットを増やして隙を作るという使い方しかできていませんよ。おかげで何度も気絶→救出を繰り返してます。ペットは戦わせるものではなく家で愛でるものということなのか…


マーズ物語を進める前に、ポルトポルトへ一度行ってみました。TOGのユ・リベルテを思い出す水の街です。
うできき裁縫師のレシピには、水着やサンダルなんかのポルトポルトに合わせた装備が多いので、ここで材料を買い込んでおきます。
また錬金術師のレシピ、ねむばくだんやしたぶちメガネに必要なブルージェルがこのあたりで採れそうということで、マバラッパ諸島を散策したのですが、敵が強いですね…。
サメやゾンビやワニにボコボコにされ、あやうく死にかけました。セロは何度も倒れました。

一旦散策を諦めて、店で買える素材や安全な浜辺で拾える素材でできる限りの生産を済ませ、マーズ物語3話に取り掛かります。
イネムリドラゴンが守っていた謎の歯車を調べていたヒューズですが、どうやら過去にもドクロ石落下など似たようなことが起こっていたらしいことが分かりました。いきなりなんの説明もなく「シャドウモンスター」「シャドウ化」という用語が使われ始めて戸惑った。学者というのはこうやって一般人の知識量を考えずに話をするから…
で、その過去の物語に出てくるのが各国に散らばる3つの宝だと。そのうちの1つがあの歯車なのだそうです。
主人公はポルトポルトにある宝を手に入れるために、国王エリックからポルトポルトの総元締めへの親書を託されました。ラウラ姫の強い希望で。
親書の内容がここで表示されるのですが、勝手に読んでいいの!?と思ったらやっぱりエリックに窘められました。

徒歩ではるばるとポルトポルトへ向かいます。レアモンスターのドラゴンマスタードが低確率でドロップするマスタードを3つ集めるというなんとも手間のかかる依頼を受けているので、大平原東は何度通ろうと構わないのですがね。
さて大平原西にさしかかり、ポルトポルトが近づいてきたところでモンスターに襲われている人物を発見しました。選択肢が出るのですが、ここはあえて「戦わない!」を選んでみました。ミーシャさん平和主義ですから。
当然ツッコミを入れるチョウチョさん。しかし「私がなんとかできないこともないですけど…」というかんじで、チョウチョに任せるか任せないか再び選択肢が。じゃあせっかくなので任せてみましょう。

「分かってくれたみたいです!」と、戦闘がホントに回避されちゃいました。どう見てもオオカミのモンスターだったんですが、説得が通じたんでしょうか。
襲われていたのはポルトポルトの街にいる親衛隊をお供に連れたアンディ・クラップと名乗る男性。この人は確かポルトポルトの偉い人だってサイトに書いてあった。

予想通りというか事前情報通りというか、ポルトポルトの宮殿ですぐにアンディと再会しました。親書を渡してファンタジールの異変について伝えます。
恩人ということや世界の異変に気づいていたこともあって宝の件については好感触なのですが、アンディは自分一人では決められないと。姉であり総元締めであるオリビアへ再び同じ話をしてほしいと言われました。

オリビアのいるという海賊たちが住むエリアへ。当のオリビアは、何やら海賊たちと言い争っています。どうやら貴族の血を引くオリビアと根っからの荒くれ者である海賊たちは折り合いが悪いよう。そして剣を取り出して戦いへ…CERO:Aの暴力表現ってどこまで許されるんでしょう?
ここでまた戦うか戦わないかの選択肢。どうせなので今度は戦います。オリビアが前衛で敵を引きつけてくれたので簡単に倒せました。
でもどうやら海賊たちも本気でオリビアと戦う気はなかったみたいで?何やら複雑な関係のようです…

戦いの終わったオリビアに話をつけると、宝というのはかつての海賊王がマバラッパ諸島のどこかに隠したものではないかということでした。
海賊王の父と貴族の母の間に生まれたオリビアは、母に反対されながらも海賊になることを夢見ていた。そこで、「もしオリビアがその宝を見つけることができたら海賊になることを認めてあげる」と言われた、そんな曰くのあるお宝なんだそう。

という訳でオリビアと共に宝探しに出かけます。宝探しなのに下画面の地図で矢印が出るのはどうなんだろう。
オリビアが母から伝えられたヒントは「7つの頭に気をつけろ」、主人公が出会った豪快な釣り人のオッサンに伝えられたヒントは「宝の在り処はマーズが教えてくれる」ということでした。
宝があるらしい難破船に着いた頃には、時刻は既に夕方でした。オリビアとチョウチョと手分けして探します。
しかし何も無い。1部屋の狭いマップだから見落としも無い、でも何も無い。
ここでマーズが教えてくれる…というヒントを思い出してとりあえず日が暮れるのをまつことに。難破船の中って時間進んでましたか?待てども待てども夜にならないんで、時間の進みが速い外で待っていたのですが。

夜、再び難破船に入ります。すると月明かりが一箇所だけ差し込んでおり、そこには古い手帳が…表紙には7つの頭の魔物が描かれていました。
中身は、海賊王が書いた海賊の心得のようなもの七ヶ条。海賊にとってはお宝ですが、エリックの求める宝ではなかったようです。宿に帰ります。

翌朝、オリビアの許を訪ねると、彼女は海賊になることを反対していた母がなぜこんなことが書かれた手帳をを探させたのか悩んでいた様子。そこにあのヒントをくれた釣り人のオッサンが表れました。
彼こそオリビアの父にして、かつての海賊王のエイハブだったのです。まあ気付いてたけど。
彼が言うにはその七ヶ条にはまだ秘密があるようで。母親の願いはそこに秘められているそうです。そういえば「7つの頭に気をつけろ」ってヒント、まだ使ってませんでしたね…
……

…頭文字か!!

手帳の内容が表示された後、なんでチョウチョが復唱したのか不思議に思ってたんだ!
お願い!その手帳もう一回見せて!!
…と思っている間にイベントは進んでいく。しかもエイハブは「お前はもう分かってるんだろ?オリビアが気付くの待ってるんだろ?」という感じで話を進めていく。そして私は何も分かってないのに「教えてくれ、母さんはどう思ってたんだ?」と選択肢。

ニアなっていい
  なっちゃダメ

…ここで話の展開的に「なっちゃダメ」はないだろ…多分…
「なっていい」で大丈夫だよな…?

という感じでドキドキしながら選んだ選択肢、正解だったみたいです。
七ヶ条の仕掛けが明かされ、頭文字を繋げて読むと…「かいぞくになれ」というメッセージが。
これ「なっちゃダメ」を選んでいたらどうなったんだろう。


母の想いを知ったオリビアは、海賊としてポルトポルトを纏めることを決意します。
海賊たちは、半分は貴族であるオリビアといつまでも一緒にはいられないと思って、オリビアが自分から離れていくように仕向けるためわざとキツくあたっていたらしい。それもオリビアの決意によって解消され、貴族と海賊の対立が起こっていたポルトポルトも一つになれそうです。
ちなみに当初の目的である宝の、女神の錨はエイハブが持ってました。普通にくれました。代々伝わる宝だそうです。

宮殿へ戻ると、エリックへの親書を書き上げたオリビアとアンディが待っていました。
olivia
今までの海賊服ではなく、ドレス姿です。
親書と宝を持ってクルブルクまでワープします。「クルブルクまで送っていきましょうか?」と言われたのですが、ゲーム内時間で1分も経っていないこの移動、いったいどんな交通手段で送られたのか。
クルブルクの案内兵士もそうですが…実は24時間きっかりかかっているのか?



さて王様に報告も済ませて第3話も終わったので、改めてマバラッパ諸島を散策します。ここには貝の洞窟と海底洞窟の2つのダンジョンがあり、ブルージェルは海底洞窟のウミウシがドロップしました。
裁縫で作っておいた南国レジャーの装備は全ライフ装備できる割に結構強くて、おかげで初めて来た時よりかなり楽にモンスターも倒せるようになりました。ハッピーで品ぞろえを増やして買った月のワンドのおかげもあるかもしれません。
しかしキングウミウシは強かった。何度も死にそうになりました。

次はダルスモルスで、魔王と話をつけなければならないようです。先代魔王は血も涙もない人物だったということで、一筋縄ではいかなそうですが…
スポンサーサイト

テーマ:ファンタジーライフ - ジャンル:ゲーム

コメント

初めまして、ファンタジーライフやってるので、拝見させていただいてます!
第四話終わったら、次の記事見せて頂きますね…!!

  • 2013/01/05(土) 16:43:36 |
  • URL |
  • ζ #-
  • [ 編集 ]

Re: ζ さん

閲覧&コメントありがとうございます!
私もまだまだクリアしていないので、一緒にファンタジーライフを楽しんで行きましょう!

  • 2013/01/06(日) 19:08:42 |
  • URL |
  • 薄荷飴  #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/289-06c384b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。