FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

鋼鉄の華っ柱 第3話~今週のサンデー~

資産家生活から一転、会社の倒産により家を売りに出されてしまった真道。
債権者である同級生の側山は、屋敷にあるものを根こそぎ運びだしていきます。

どうやら金のためでなく、逆恨みの復讐のために差し押さえをしているらしい側山は、真道が現在着ている服まで脱ぐよう要求。
しかし真道はそれでも余裕の表情。堂々と脱いで渡します。
ウホッ!いい体…
hentaida-!


この余裕の根底は、側山に無いものを自分は持っているという自信のようです。
「なんだと言ってみろ!」と当然つっかかる側山ですが。

omaegasorewo

あくまで心の声です。やっぱこの人恐ろしいわ…


朝涼と夏野の私物も差し押さえようとする側山に、真道は土下座までしてやめるよう頼みます。
「生憎と、この程度のことに腹を立てるような安っぽいプライドは持ち合わせていないものですから」ということなのでしょうか?
しかし側山は頼みを聞いてくれず、朝涼と夏野も無一文に。帰り際に自分の誕生日パーティーの招待状を渡して去って行きました。自分で服まで奪っておいて、最後まで清々しいほど嫌味な奴ですね。


最近まで真道の婚約者だったという遠霧蘭子に挨拶をしたいと、結構パーティーに行くことになりました。彼女は第二のヒロインとなるのでしょうか?

制服でもせめて上着があればまだ言い訳ができたものを…夏服じゃあなぁ…
第一話でキャーキャー言っていた女子たちも、手のひらを返すようです。
今優しくしておけばいずれ復活した時に付け入ることができるというのに。再起不能と判断されたか。
側山にタキシードを貸してもらい、蘭子に挨拶もできたようです。結構彼女は出てきませんでしたね。

最後まで紳士的に振舞い、側山にGをくっつけて会場をパニックにするという復讐も忘れず。あくまで自分がやったのではないと言い張りますか。


タキシードを売ったお金でラーメンを食べた後、神社に埋めてあった金貨を掘り出し。
朝涼、夏野、じいの3人で分けてくれと言い残し、自身は立ち去ろうとする真道。なんという潔い生き方。

gokigenyou

他に隠している財産は一切ないと言います。
一人夜の街へと消えていく真道を見つめる3人。
しかし夏野だけは見過ごすことができず、呼び戻してしまいました。
これでこのメンバーで貧乏生活をすることが決定してしまったわけですが。
なんだかんだ言いつつも付いていくんだろお前( ^ω^)とは思っていましたが、自分から呼び戻してしまうとは。

じいは…じいはどういうスタンスで付いていくんだろう?



<その他の感想>
神のみ…呆然としている神にーさまがえろかったです。

出雲…ダフ屋に噴いた。

マギ…ウーゴくんって顔と体が不釣合いですよね。一度揃ったところをちゃんと見てみたいものですが、もう退場なのでしょうか。

トラップ…こんなんじゃおちおちサッカーもやってられませんね。そんなことよりサッカーしようぜ!

DD…イケメン×幼女はいいものだ。

オニデレ…今回のミツキはNDK?NDK?のクマーを思い出させますね。
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/176-076a61c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)