FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

さよなら絶望先生 第二十二集

二百十二話『悦子立場逆転』
yaruyo
「受け取ってください」よりもこっちの方がイイ!
視線を少し逸らして頬を赤らめているのがポイントですね。


二百十三話『戸棚の奥深くのソクラテス』
こういう事はよくありますよね。ジブリはみんな死んでるとか。
ただの社会風刺ギャグマンガの登場人物の全編通しての心理状態の変化を推察して、逃避とか鬱とか言ってみたり。
いや…でも改蔵という前科がありますからね。私も正直彼女が何かする度に、この世界を壊してしまうのではないかと不安になります。

ペンギンは真ん中へ行けば行くほど凹んで見えたんですが、魂のステージはむしろマイナスということですか?


二百十四話『身代わりひな人形のラブソング』
「予期せぬ理由」という恐らくエラーメッセージであろうフレーズに覚えがなかったのは、久米田先生はMacを使っているからなんですね。
糸色家の商売の広さにはもうツッコんではいけないんでしょうね。
先生は今もモクメイトを売り続けているのでしょうか。


二百十七話『起承転結を思ひがけんとすれば』
転結のネタは、理系・文系・体育会系を思い出しますね。
ジャンプ・サンデー・マガジンの分類はすごく納得できました。


二百二十話『繋がれた毎日』
TOQハンズの店員さんがアイドルとして再登場。

maruti
丸内さんはやっぱり可愛いなぁ
一番好きなのはめるめるですが。ロリコン?否定できないな

搾取されたことを自慢するってのはありますね。私みたいにテイルズのファンなんかやってると…
まあ私は見境もなくお布施をできるほど財布の中が賑やかでもないのですが…
TOGfの後日談気になるなぁ

この巻から鳩が義務キャラ化しました。総理が変わった今も義務キャラとして登場し続けているのでしょうか。
漫画界が平和でありますように。

紙ブログ
久米田先生の創作自虐童話第2弾、『とりあえず倉庫』。
前回は比喩表現でしたが今回は畑先生の名前がきっちり出ています。
この童話も立体視していいんでしょうか?

変わりゆく時の中をを生きていく上で人は過去に縋ることでしか幸福を得られないのか。流れる時に迎合する周囲と流されることのできない自分。二つの溝を埋めることが出来るのもまた時の流れであり、そうして見ればやはり全てのものは宇宙の流れの延長上に存在する。変わらないと思っているものも知らず知らずの内に移ろい、永遠を求める人の願望とは裏腹に変容こそが世界の本質である。倉庫は人の願望の具現化であり、畑健二郎は時と失望と宇宙の意思と高級イチゴの暗示。漫画家は倉庫の中に入ることで世界の変化と宇宙の流れから断絶の意志を示し…

結論:掃除はこまめにすること

しかしやってみて分かりましたが、立体視というのも大変ですね。私は2次元でいいです。
スポンサーサイト



テーマ:さよなら絶望先生 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hamakati.blog122.fc2.com/tb.php/144-feea59db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)