FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

なりきりダンジョンX-その5 ほっとけない病患者がここにも

トーティス村に戻ってきました。ディオとメルは、忙しくてなかなか会えないクレスとミントを会わせるために、二人を手伝うことに。
メルは法術士の服を着て、ミントに代わって村人の怪我や病気を治す…とあらすじには書いてありますが、どうでもいい愚痴を聞いてただけだよね。

ディオの方は、クレスの仕事を手伝います。馬車に荷物を積んだり、道場で門下生に稽古をしたり…
また随分と効率が悪いことをしていますね。道場の稽古はともかく、荷物の積み下ろしぐらいはその辺の人に任せて自分は自分にしかできない仕事をした方が…
まああの性格だから、仕事を誰かに任せて自分は恋人に会いに行くなんてできないんでしょうね。でもそんな事してたらキリがないですよ。だから世の中には定休日というものがあるわけで。

とにかく仕事は自分に任せろというディオと、君みたいな子供には任せられないというクレス。
ディオは自分の実力を見せるため、クレスと戦うことに。そんな事してる暇があるなら一言二言でもミントと話していけー!
まあ負けイベントですよね。スペクタクルズで調べるとHPも設定されてるし、ドロップアイテムもあるしで倒せないわけじゃないみたいですが。

それなりに善戦したディオはクレスに仕事を任せてもらえることに。
仕事をする中で、ユークリッド騎士団の思惑を聞いてしまいます。
なんと騎士団は、英雄と呼ばれるクレスに指揮を取らせることによって団員を思うがままに操り、さらに英雄の名前で人数を増やして他国よりも強い軍隊を作り上げようとしているのだとか!(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!

…いや、普通じゃね?団員の士気や統制が上がるのは良いことだし、他国に対抗するために軍を強くするのはこの時代なら当たり前だし…
思惑を聞いて激怒するディオですが、戻ってきたクレスはそれを制止します。クレスも同じことを思ったのでしょうか。気分は良さそうじゃなかったから、ダオスを倒したことで手に入れてしまった「英雄」の名前をそんな風に使われるのはいい気はしていないんでしょうね。


その後クレスは、各地で殺人などを繰り返す「シグルド」という組織を討伐するため、騎士団と共にヴァルハラ村へ行くことに。ミントと双子も同行します。ミントはともかく、なぜ双子まで…こいつらもほっとけない病か。

ヴァルハラでザコ兵士を倒しながら奥へ進むと、リーダーのブレイナーがいました。

momiai

こう…二人でもみ合っているのを見ると子供に手を出す危ない大人のようです。
結局ディオはブレイナーにはじき飛ばされ、ブレイナーは逃げてしまいました。ついでに魔界の扉も開いていったらしいです。このままでは魔界から魔物が溢れ出てくるんだとか。あー魔界とかそんな設定あったなぁ…
扉を閉じるため、クレスとミントは光の精霊ルナの力を借りようと12星座の塔へ。ブレイナーともみ合っている時に何かに気づいたらしいディオは、しきりに2人を追いかけようと言います。ただし何に気づいたのかは言おうとしません。


双子も2人を追って12星座の塔へ。モーリア坑道で会ったアルテミスって、そういえばルナの付き人みたいな妖精でしたね。すっかり忘れてた。
アルテミスのせいで、ディオが持っていたエレメンツポットが割れてしまいます。伏線回収。もう精霊晶核集めから話がシフトしてるから、割ることはないと思ってたのに…(ノ∀`)アチャー
ルナになんとかしてもらいましょう。

光の魔物が多いここでは、コスチュームはランサーとグラップラー。どちらも前衛なのでミントを戦闘メンバーに入れます。
操作はグラップラー。リーチが短いのが難点ですが攻撃の出が早く、上手く使えれば長いコンボも狙えます。

ダンジョンには扉がたくさんあるのですが、全て鍵がかかっています。
それでも1つぐらい開いているところがないか全て調べてしまうのが悲しい性。

5階で待ち受けていたやたら口の悪いルナ…お前アルテミスだろ…を倒し、(案の定アルテミスでした)最上階で本物のルナに会いました。
失った精霊晶核はモーリア坑道にあるだろうとのこと。ついでに魔界の扉を閉じる力ももらい、一行はスルト森林へ。モーリア坑道は後回しです。本当にそれでいいのかお前ら。
スポンサーサイト

テーマ:テイルズ - ジャンル:ゲーム

次のページ