FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

境界のRINNE 第44話~今週のサンデー~

図書室に現れた土佐犬の生霊を元に戻そうとするりんねたち。
一方鳳は、飼い主と思われる少女の霊:本田フミカを成仏させようとしていました。
フミカが成仏出来ないのは片想いのA君(仮名)に告白できなかったからと多少強引に考えた鳳は、合流したりんねたちと共にA君(仮名)に会いに行くことに。

entyou
延長コードwww地味に便利なアイテムですね。
半径10キロってどんだけ長いコードだって感じですが、霊に関するアイテムだし物理的なものじゃないんでしょうね。

図書室はA君がいつもいた場所だったようです。
A君には既にB子(仮名)という彼女がいるため、フミカはあまり未練はなさそうな感じですが、フミカに自分を重ねる鳳は告白を勧めます。
そこに現れたA君とB子。

mateyo

( ゚д゚)、ペッ
リア充爆発しろ!

それを見たフミカは全てを思い出します。
同時にAに関する表現も辛辣になっています。
AとB子が付き合っているのを知った日の土佐錦との散歩の途中、図書室に『薔薇と醤油』という本を落とした事を思い出し、あわてて戻ろうとしてそのままトラックに…

…突っ込みたいところが多すぎてどこから突っ込めばいいのやらww
薔薇と醤油ってどんな内容の小説だとか、それ散歩用のリードじゃなくて綱だろとか、いくら土佐犬でも普段からその飾りはしてないだろとか、そもそも都会で土佐犬をペットってどうなんだとか…
でもやはり一番気になるのは、274ページと275ページで紙の色が違うことですね。
普通こういうのってマンガの途中ではならないようになってますよね?
何か急な内容の変更でもあって、雑誌全体の掲載ページがずれ込んだりしたんでしょうか。

そんなこんなで、フミカに本を持ってくるよう頼まれた土佐錦は図書室へたどり着き、生霊となって本棚を守っていたと。
ちなみに本を見つけられなかった理由は、『薔薇と醤油』が読めなかったからだそうで。
そりゃそうだ!
むしろフミカの言葉を理解して図書室まで行けたことが奇跡です。

りんねの羽織でフミカを実体化させ、『薔薇と醤油』にはさんだラブレターを処分して未練を断ち切り、成仏させることができました。
ラブレター…まさに黒歴史です。
そんな物を残して死んでしまうだなんて、考えただけで恐ろしい…そりゃ化けて出ますね。
私も事故で死ぬ前に本棚と押し入れとHDDの整理をしておこうか…
スポンサーサイト



テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック