FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

ブレイブリーデフォルト、プレイ中です

現在3つのクリスタルを開放し、もうすぐ4つ目の土のクリスタルを開放できそうです。

事前情報全く無し、タイトルしか聞いたことがない状態でプレイしているこのゲーム、
印象は「シビアな王道RPG」って感じですね。
世界を救うために田舎出身の少年とクリスタルの巫女の少女と仲間が世界を旅するストーリー。王道です。
飛空艇とかジョブチェンジシステムとか出てくるから、FFから派生したシリーズみたいですね。
このゲームを知っている人から聞いた話では、「FFではない」というのが売りらしいですが、果たして…?

それからもう一つの特徴として、難しい!
雑魚敵が強い!ボスもしっかり対策すれば倒せますけど、よく全滅させられます。
戦闘システムにデフォルト→ブレイブ(ガード→連続攻撃)というのがあり、それを活用するのが前提になっているのでとても敵が強いです。
セーブも決まったところでしかできないので、ダンジョンの途中で全滅させられると、ああ…また入り口からか…とものすごくやる気が削がれます。
現在も土のクリスタルがあるダンジョン、不死の塔で全滅させられて一旦ストップしている最中です。
うーむ、ジョブとかアビリティが悪いのかな?

可愛らしいグラフィックに似合わず、ストーリーもシビア。
まずCEROがCで、パッケージが黒いです。
そしてOPで主人公の村が全滅。民間人も敵にどんどん殺されますし、こっちも敵をどんどん殺していきます。
パーティメンバーの知り合い、友人、師匠、関係なしに殺されますし殺します。
世界の危機って大変だね!


キャラクターについて。
みんな可愛いですね。イデアとリングアベルがお気に入りです。
パーティメンバー全員がストーリーに深く関わっているのがいいですよね。
イデアはとても可愛いので先頭にしてます。
敵側ではヴィクター博士がお気に入りでした。お気に入りでした…。
あと、キャラクターの声がとてもいい。
ティズの10代半ばの少年っぽい声、アニエスの落ち着いた可愛らしい声、リングアベルの低くて良い声、イデアの元気で響く声。
あとは魔女ヴィクトリアのリアル幼女っぽい声が気に入ってます。
ダメ絶対音感では盗賊の檜山修之さん、お父様子安武人さん、剣聖のグリリバが当たりでした。


ジョブとアビリティ。
ティズ:黒魔法と召喚魔法で魔法攻撃
アニエス:白魔法
リングアベル:攻撃主体の戦士
イデア:防御主体の戦士
といった感じです。

ティズは黒魔導士と召喚士を並行して育ててます。でもメインは召喚士かな。召喚士はダメージを受けるとMPを回復するのがいいですよね。そして何より服がかっこいい。
アニエスはずっと白魔導士でした。ヴィクター博士を倒して、より強力な白魔法が使える導師になれるようになったので最近では導師です。白魔法MP節約、これぞ私が求めていたアビリティだ!
リングアベルはメインは魔法剣士です。両手持ち、魔法剣、物攻20%アップ、倍撃あるいは踏み込むでとんでもないダメージを出してくれます。
イデアはジョブをうろうろしてます。最近はソードマスター。「盾の心得」と「かばう」で盾役です。

イベント時でもジョブの格好のまま進むので、ジョブを選ぶときに服は重要な判断材料です。
一番好きなのは召喚士。可愛いしかっこいい。髪飾りの羽根は精霊からむしり取ったやつだけどな!
逆にFF5の時大変お世話になった狩人と時魔導士は…これは2周目じゃないと無理だろ…
白魔導士も、ヒロインじゃなくて男がやってくれた方がギャップがあっていいんだけどなーと思ってるんですけど、男の白魔導士かっこよくないんですよね…
ブログ見返してみたら、FF5やってたの7年も前なのか。
かなり頻度が落ちたとはいえ、7年経ってもブログ書いてるなんて当時は思いもしなかっただろうなぁ

自分的に、
かっこいい:ソードマスター、シーフ、商人、召喚士
かわいい:ソードマスター、黒魔導士、召喚士、ヴァルキリー


ストーリーについて。
まずゲームを始めると妖精が現れて、あなたっていい目をしてるわね~みたいなことを言ってきました。それ私に言ってる?
その後ARを使って自宅のきったない部屋にアニエスが現れて驚きます。何やら危機に瀕している様子。
まだ会ったことのないあなた、この声が届いたなら、光の戦士として世界とみんなを助けて!とのこと。

その後本編が始まり、突如開いた大穴により全てを失った少年・ティズは水のクリスタルの巫女アニエスと出会い、アニエスを助けるため旅に出ます。
途中、記憶喪失なのにいつも軽薄で、未来のことが書かれた謎の手帳を持った男・リングアベルと、敵側エタルニア公国元帥の娘でありながら、公国のやりかたについていけなくなった少女イデアも加わって、4つのクリスタルを解放して世界を元に戻すための旅を続けます。

上にも書いた通り、現在は4つ目のクリスタルを開放する寸前です。
ここまできたらもう終盤なのではないかと思われそうですが、物語の謎がまだ1つも明かされていません。

・『Dの手帳』について
リングアベルがなぜか持っていた手帳です。最大の謎は、未来の出来事が書かれているということですね。
書かれている内容や挿絵から、イデアの幼馴染でエタルニア公国の暗黒騎士アナゼル・ディーが書いたのではないかと推測されるのですが、今までアナゼルは手帳を書いたとか、未来を知っているとかの素振りを一切見せていません。むしろ風の巫女たちの行動に逐一驚いてる。
世界は一度この手帳に書かれている通りの歴史をたどり、手帳だけタイムリープしてきたのでしょうか?そうなるとリングアベルも一緒にタイムリープしてきたという可能性もありますね。リングアベル=アナゼルという可能性も一度考えたのですが、そうすると幼馴染のイデアが気付かない訳がないですね。
…リーゼントが決まりすぎて気づけなかった…?

・クリスタルの「解放」について
解放って一体何なんですかね?風のクリスタルを解放したら止まっていた風が正常に戻り、水のクリスタルを解放したら腐っていた海が元に戻りました。しかし火のクリスタルを解放したら火山が元にもどったらしいのですが、鉱脈も消えてしまいました。
エタルニア公国の元帥は、解放ではなく「暴走」と言い、必死で主人公たちを止めています。
ユルヤナの老師は「クリスタルを解放する」と聞いたときに微妙な反応をしてました。
4つ目のクリスタルを解放したらどうなってしまうのか…
始めにクリスタルを解放しようと言い出したのは、風のクリスタルの精霊エアリーなんですよね。
サブタイトルがフライングフェアリーだし、パッケージもエアリーだし、この精霊、何かありそうな気がします。

・プレイヤーについて
ゲームの一番最初に、エアリーが語り掛けていたのは恐らくプレイヤーに対してですよね。
それなのに本編が始まってからは一切こちらにコンタクトを取らないのが気になってます。
あ、もしかしてメニュー画面のメッセージってプレイヤーに話しかけてる?
あと、エアリーとアニエスは呼びかけを聞いた「奇跡の人」はティズだと思っているようですが、呼びかけってもしかしてARのアレ?だとしたらそれもプレイヤー?「世界の壁が壊れかけている」というのも一体…
それから召喚士メフィリアも、ティズの中にもう1つの魂がある…みたいなことを言ってましたね。

さて、土のクリスタルを解放したらこの謎は明かされるのか!
FF5のブログ読み返したら今なんて比較にならないくらい全滅してた。正の字が3つ並んだとか嘘だろ…
2~3回ダンジョンやりなおすくらいで心が折れてちゃいけないな!
スポンサーサイト



小説版MOTHER -The Original Story-

mother
なぜか図書館にあった2冊。1の初版が平成元年…25年前ですよ。当然のごとくというか、閉架本です。
1の方は10年ほど前にゲームのアドバンス版をクリアした事をきっかけに1回借りて読みましたが、ほとんど内容忘れました。敵の攻撃でアナの髪が切れて、今まで自分の一部だったものが一瞬でただの物質になってしまった~というくだりと、アドベント砂漠でスポーツドリンクをハンカチに含ませて顔を拭く。後でベタベタするかもしれないけど~というシーン、あとファンタジーはSFの一部?いいえ逆ですというやりとりだけ妙に覚えていました。
ちなみに原文では「ファンタジー」ではなく「ファンタシー」となってました。

The Original Storyと副題にあるだけあって、ゲームとは大分違った話になってます。
まず主人公が「ぼく」じゃなくてアナ。黒髪の女の子です。それに伴い、OP~スノーマンまでの道のりがばっさりカット。動物園での死闘や1回目のマジカントなんかはプレイヤーには印象深いと思いますがばっさりカット。一応そこまでのあらすじは2ページほどで語られてます。
そして「ぼく」はケンという名前で、一人称も俺。「ぼく」なのに。金髪のやや荒っぽい少年です。ゲーム説明書の語りとは大分性格が違います。ロイドは割りとゲーム通り。

今1の方だけ読み終わったのですが、すごく独特の文体ですね。ゲームとはまた違う雰囲気の世界になっています。MOTHER自体がRPGとしては独特の雰囲気を持っているので、どちらも独特でいい感じになっているのでは無いでしょうか。

アナの視点から見たケンは、すごくぶっきらぼうで粗暴といってもいいほどの性格なのですが、要所要所でアナを助けてくれるのがいい仕事してるなぁと思います。
幽霊屋敷でネズミの大群に襲われた時に抱えて逃げてくれたとことかね、遺跡が崩れて落ちそうになった時に腕を掴んでくれたとことかね、もうずるいですわぁ…これはアナも惚れますわ。
でもラストは、3人でまた旅に出ようぜ!という感じで2人の進展はないのですよねぇ。ホーリーローリーマウンテンの洞窟で語られた、初めて会った時から好きだった…というのが本心なのか罠の影響を受けているのか判断がつかないのでどうにも。ぜんぜんそんな風に見えなかったしなぁ。


ゲームでは慣れないUIに苦労しながら戦ったのをすごく覚えているんですが、(選択したターゲットが既に倒されているとからぶりーっとなるとか、技の説明が無いとか。最近のゲームみたいに道順や敵のレベルも親切設計じゃないですしね)小説では戦闘描写は少なめです。まともに戦ったのはスノーマンの外れのオオカミと、ヒッピーやおばさん達と、幽霊屋敷の3回ぐらいじゃないでしょうか。ギーグとも殴りあってないしね。
アナが攻撃のPSIに目覚めたのが幽霊屋敷なのに、それ以降まともに戦闘がないという。
自分は湿地帯とホーリーローリーマウンテンですごく苦労した覚えがあります。湿地帯は迷う上に敵も強いし。ここで1回投げたんですよ。ホーリーローリーマウンテンはもう戦うの諦めました。逃げて進みました。ちなみに小説では湿地帯はノエルのテレポートですっ飛ばされてました。


クライマックスで語られるジョージ、マリアと母ギーグの関係には、なるほどそんなことが…と少し感動しました。
しかしゲームではどういう設定だったかなぁ…と思い返してみても全く思い浮かばない。調べてみると、マリアが一言二言話すぐらいでゲーム中ではほとんど語られてないみたいですね。「あなただけは見逃してもいい…」とか言うのは1だっけ2だっけ。
そしてゲーム中で幾度と無く聞いた「◯◯は母さんに似て頑張り屋だからな」というセリフがラストで使われていたのもよかった。

2の方はまた今度感想書きます。まだ読み終わってないので。

マギ はじまりの迷宮 体験版

magi-op

別に製品版買うつもりは無いのですが、せっかくサンデー読んでるのでDLしてちょっとやってみました。

メニューでいちいちキャラが喋るの聞いてると、ああバンナムのキャラゲーだな~って思います。
このゲームにはストーリーモードとパラレルモードというのがあるのですが、体験版ではパラレルモードだけ遊べるようです。
hensei

パラレルモードでは好きなキャラを3人選び、その3人で迷宮に潜ります。連携値というのが上がると迷宮に入る際に2人での会話が発生するようですね。

体験版で使えるキャラは、アラジン、アリババ、モルジアナとカシム。公式サイトを見ると他にもキャラはいるようです。しかし人選が謎です。
シンドバッドはいい。ジュダルも私の覚えてる限りでは1回しか戦闘シーンなかったと思うけど悪役枠としてまあいい。
しかし、あの領主とゴルタスは謎だ。ゲームでプレイヤーキャラやるような役どころじゃなかったと思うんだけどなぁ他に入れるべきキャラいるんじゃ…とか考えてみましたけど、じゃあ他に誰を入れるんだと考えてみたら思い浮かばない!?
キャラがいっぱい出てくるマンガだというイメージがありましたが、バルバッド編までって意外と主人公勢の味方キャラ少なかったんですね…
それ以降だったらヤムライハさんに白龍にティトスにスフィントス…といくらでも思い浮かぶんですけどね。
ちなみに、キャラクター選択の枠は9つだったので、まだサイトで公開されていないプレイヤーキャラがいるみたいです。隠しキャラかな?

キャラを選んだらいよいよ迷宮攻略開始です。体験版ではLv.1の迷宮だけ選べます。
開始直後に早速、盗賊か何かの敵が2人襲って来ました。アラジンを操作して戦います。XとYで攻撃なので、A=攻撃という先入観でプレイすると戸惑うかも。Aは防御です。ちなみにBで回避。
アラジンは通常弱攻撃が遠距離攻撃なので、近距離で複数の敵を相手にするのには向きませんね。
しかし強攻撃は近距離攻撃。完全に距離を取って戦うわけにもいかないみたいです。
でもどんなにモタモタしててフルボッコになっても負ける方が難しいほどHPが減りません。自動回復するし。

倒しても倒してもすぐに無限に湧いてくる敵。2体同時に相手をしていると、1体目を倒し2体目と戦っている最中に1体目が復活します。どうやら逃げながら探索するのが正解のようです。
敵を倒すといろいろな色のルフが出てきますので、これを回収しながら進みます。あと迷宮内の宝箱からも出てきます。ルフは探索中の一時ステータスアップや回復、探索後の能力値アップに使うみたいです。
スイッチを押すと開く扉のような簡単な仕掛けを解きつつ、奥へ進んでいきます。
しかしこう視界が回せるゲームだと迷いますねぇ…ミニマップが欲しいな。「迷宮」だから迷わせるためにあるのかもしれないけど。

キャラも切り替えて試してみました。でもキャラの切り替え、技の発動、迷宮内の仕掛けをいじる時なんかは下画面を使います。移動と戦闘はボタン操作なので、素早く操作するのは難しい(;´Д`)俊敏な動きが求められるアクションゲームなのに…
あ、親指でやればいいのか?そういえばTOIで
イリア「アンタ、ちょっと下画面押してみなさいよ」
ルカ「ゆ…指でいいの?」
イリア「ええ、指でいいわよ♪」
みたいなスキットがあって、DSの画面って指で押していいんだ!と思ったことがあった。いや、それ以前にも面倒なときは指で押してたけど。

アラジンは移動は遅めだし攻撃力は強くないしで、操作に慣れてないというのもありましたがザコに囲まれてボコボコにされました。戦闘向いてないんじゃないのかなぁと思いましたが、ボス戦で活躍してくれました。ボスがあんまり動かない奴だったので遠距離攻撃で安全に倒せました。そしてウーゴくんが出ている間はほぼ無敵です。多分ゲームを進めて魔法を使えるようになったら有利に戦えるようになるのでしょう。
アリババは、今回操作した4人の中では平均的な性能といった印象。強攻撃に吹っ飛ばしの効果があるので複数相手と戦うときには便利かも。
モルジアナは強い。そして速い。もう全部モルさん一人でいいんじゃないかな。でも多分シンドバッドが強キャラになるんだろうな。いや…原作での扱いなどから一見強そうなのにドウシテコウナッタ/(^o^)\というのもオイシイかもしれない。
カシムは全体的な動作がゆったりでした。移動もアラジンほどではないけど遅め。しかしアラジンが強攻撃を何度も食らわせてやっと倒した敵を弱攻撃2回で葬る強さ。さすが黒ルフの力やでぇ…と思ったら他の3人とステータスが全然違った。これ多分物語が進んでから仲間になるやつを、体験版だから最初に使えるようにしただけだ。

judal
各キャラクターには必殺技があり、短いムービーが挟んで発動します。
アラジンとアリババは複数必殺技があるのは確定してますが、他のキャラはどうなんでしょうね。

magiboss
迷宮最奥。巨大な昆虫のようなボスと対峙します。まあ、強くありませんでした。序盤だからでしょうか。

そして迷宮攻略~。

dungeonclear
こういった開けた宝箱の数、倒した敵の数などでランクを決めるみたいです。チェックポイントというのは地面にあった白い丸ですね。1回目は気づかずに全スルーしちゃいました。
そして集めたルフを色に応じて、キャラの能力値として割り振ります。

ここまでで体験版終了。
あと、「マギの奇跡」というのがあるのですがこれも体験版で遊べます。3DSのカメラで写真を撮ると、写った色に応じたルフがもらえます。パラレルモードやこれで手に入れたルフは最大100個まで製品版に引き継げるようです。

今回のダンジョンに出てきた敵は全部ゴリ押しでどうにでもなる強さでしたが、レベルが上がるとどうなるのでしょうね。敵の攻撃を見極めてガードと回避をかっこ良く決められるようになりたいところ。アリババの強攻撃やモルさんで群がってくる敵を吹っ飛ばすのは結構爽快です。
ストーリーは原作をなぞる形になるのでしょうか?

さて、このゲームがどんなゲームになるのか私には知る術はありませんが、原作をずっと追ってきた者としてはなるべく多くの人が見届けてくれたら幸いだと思います。

カラコレ テイルズオブシリーズ

立ち寄ったアニメイトに展示されていたルカが可愛いかったので買いました。
11月下旬に発売されてたんですね。他のカラコレの後ろに埋もれていたので気づかなかった。Bセットは売ってませんでした。

karakore

スタンかわゆすなぁ
Aセットみんな可愛いよ、特にスタンが可愛いけど。俺得ラインナップ。

早速開けていきます。

veigue mae

銀髪が見えたのでおっルカ!と思ったらヴェイグサーンでした。
この値段でこの等身の立体物であることを考えれば、顔も造形もバランス良いと思いますよ。特に違和感なく可愛いです。

veigue usiro
後ろ姿。
ヴェイグってルカと同じ大剣使いなのに、これだとディムロスとかの方が大きく見えますね。シャルティエと同じくらいなんじゃないだろうか。実際ゲームでの剣ってどのぐらいの大きさなんでしょう?
あ、ヴェイグ自体がでかいから、カイルやリオンと同じ大きさに縮小したら剣まで小さくなった?


カニカン付だからどこでも好きなところに付けれるよ♪と言われても、ボールチェーンの方が使い勝手がいいと思うんですけどね。そしてカバンや財布のように人の目に付くものに付けられるほどの勇気もない。でもせっかく買ったんだからどこかに付けたいですよね。
家のカギはもうキーホルダーやらでいっぱいだし、自転車のカギに付けようかな?

テーマ:テイルズ - ジャンル:ゲーム

DISSIDIA FINALFANTASY トレーディングアーツVol.1&Vol.2

嵌ったのが遅かったからVol.1は手に入れられないかと思ってたけどVol.2と一緒に売ってた!

tavol1
tavol2

1と2って箱の形違いますね?

では1の方から開けていきましょう。
何が出るかな♪何が出るかな♪


tacloud

おお、クラウドです!上腕二頭筋が神。
照明にたまたまそこにあったスタンドライト使ってみたらいい感じになったけど、背景のせいで台無しやね。
そして足元を見てもらえば分かるとおり、組み立て時にちょっとした悲劇が…
なかなか台に嵌らない足に業を煮やして、力任せに押し込んでいたら手が滑ってクレヨンの要領で…

clousiro

後ろ姿。バスターソード横に長い。
絶妙な前傾姿勢が鬱っぽさを醸し出していますね。

「クラウドのフィギュア」ってそれだけで何か特別な意味を持ってますよね。ゲーヲタの象徴的な意味で。


2の方は何かな~

tabutz

バッツキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
3つ並んだ箱の中から左上の物を選んでよかったー!!

武器はブレイブブレイドですよね。私はチキンナイフだったけど。
ポリゴンや公式イラストよりも目が細い印象。

butzusiro

後ろ姿。マントが風にたなびいてます。
肩当てなんかの細かい飾りも再現されてます。


taberaremasen



「重量調整用 食べられません」だそうです。
店でサーチが出来ないように入れてあるのかな?
確かにフルアーマーのセシルや、やたら長い刀と髪のセフィロスに比べたら軽いだろうけど…
こんな違い手で持って分かる奴いるのだろうか。

syugou
仲間の増加により、従来のものの位置も変えました。クラウドは武器のせいで右端固定ですね。

テーマ:ファイナルファンタジーシリーズ - ジャンル:ゲーム

次のページ