FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

ファイアーエムブレム覚醒-その3 愛が無ければ投げていた

外伝2が発生したので突入します。
山賊に狙われた村を、山賊より先に訪問することで守ります。
村の手前には林があり、なかなか進めないでいるうちに村に迫る山賊。しかし村の手前にいた行商人アンナが山賊を片付けてくれます。
上位職でかなり強いのでバッタバッタと倒されていく山賊。しかし中立ユニットなので経験値は入らない!

フレデリクを単騎特攻させているのですが、林で足止めされているうちにアンナさんの体力が削られていく。結局そのままアンナが倒されてしまい何度かリセット。
上手いこと村もアンナさんも守れ、南にいるボスに兵を向けるものの、ボスが間接武器を持っていたことを忘れてうっかりマリアベルが負けて、更にリセット。
結局ボスを倒したのは意外にもミリエルでした。しまった死ぬ!またリセットだ!!という場面で攻撃を避け、追撃をかましてくれました。


6章。
夜、城の中庭を歩いていたクロムのところに、仮面マルスが現れます。そして今夜城は襲撃され、エメリナは暗殺されると告げました。
それを証明するかのように何者かがクロムたちを襲撃し、それを撃退した際に仮面マルスの仮面が外れ、顔と長い髪が露わになりました。
仮面外れると髪も戻るんです?たしか長髪を短く見せる結び方ってあったと思うから、髪留めが外れたのかな。あとこの世界なら長髪=女とはならないと思うんですけど、一体クロムはどこを見てこのマルスが女だと判断したんでしょうか。

さて襲撃してきた大量の暗殺者を迎え撃ちます。総勢24人?その中にはペレジアのファウダーの姿もありました。
マップ中心部にいるエメリナを守るのですが、敵の数が多すぎて1ターンでどれくらいダメージを受けるのか計算しきれず何度も何度もリセットしました。誰だ覚醒は簡単、ノーマルなら誰でもクリアできるって言った奴は!!心が折れかけたわ!!!2周目やることがあっても絶対ハード以上なんてやらねーー!!

まあここまで苦労する羽目になったのはまだ育ってないドニを入れて、フレデリクを外してたからでしょうか。さすがにドニは外してカラムを入れました。

途中から仲間に加わるベルベットは、巨大なウサギっぽい生き物に変身するタグエルという種族です。なかなか強いので大いに活躍してもらいました。
あと、敵の盗賊の中に紛れていたガイアもクロムの説得とリズの作った砂糖菓子により仲間になりました。
amai
ミーシャさんの反撃で死にかけてたんですけど、よく仲間になる気になりましたね。

なにはともあれ、クロムがファウダーを倒し、多大に苦労しましたがエメリナ防衛戦成功です。仮面を外した自称マルスも満足そうに去って行きました。
しかし、倒れたはずのファウダーは「ギムレー」と名乗る謎の存在により、復活を示唆されています。喋り方の割に声がめっちゃかわいい。


7章です。
エメリナの安全を守るため、存在を隠された離宮へとエメリナと共に移動します。
その道中、古くからエメリナに仕えているという神官が不審な動きを。
案の定、神官はペレジアと内通しており、自分は見逃すという条件でこちらの動きを敵に教えていたようです。ドラゴンナイト率いる敵の一団が襲ってきました。
sinkan
まあ見逃されるわけないのですが…

山頂や谷の上などの外周を多数のドラゴンナイトが囲み、陸地では戦士やアーチャーが待ち構えています。しかしドラゴンナイトの機動力は脅威ではありますが、敵の動きを忘れやすい私としては怖ければ怖いほど逆に注意が向いて忘れにくいので、うっかり突っ込まれて負けるということは無かったり。
更にファルシオンとエルウィンドを持ったミリエルとミーシャさんとアーチャーのヴィオールがいるので、対抗手段には事欠かないためそれほど怖くはなかったですね。
逆に「戦士」とかノーマルな感じの兵のほうが、特効が無くて苦労します。

途中でイーリス軍の天馬騎士ティアモが、イーリス本国がペレジアに攻め入られたと伝えに来ました。ティアモの仲間であった天馬騎士団も壊滅したようです。更に敵の増援もじきに追ってくるとのこと。
確かにその後、後ろのほうからドラゴンナイトが3体現れましたが、ファルシオンとエルウィンドの餌食になりました。ボスもドラゴンナイトなのでミリエルがサクッと落として終了。1回うっかりティアモが負けてリセットはしましたが、前章の苦労が嘘のよう。

本国が侵攻されたことで、国を離れるわけにはいかないと判断したエメリナは、危険が迫るイーリスに戻ることを決意します。クロムもリズも止めますがエメリナの決意は固く、クロムたちは炎の台座を託されて、エメリナと離れフェリアに援軍を要請に行くことになりました。


事は一刻の予断も許さない感じですが、外伝3。
屍兵に襲われそうな村人が3人いましたが、近くの村からは締め出しをくらっていました。この村人はどこの村の人間なんだ…?
村人も村も守らなければなりません。しかし中央に広い林、西には高山、川まで流れてユニットの動きを阻むオブジェクトばかりです。更に村と村人の一番近くにいるのはアーマーナイトたち。特効が無ければ簡単には倒せません。
これほどの障害物があっても自由に動けるスミアとティアモをまず村人の方へ向かわせ、村の方へは単騎特攻しても平気なフレデリクを向かわせます。アーマーナイトはハンマーとレイピアでどうにかしました。
6章で仲間になったガイアは、宝箱のあるマップでなければどう使っていいのか分からなかったのですが、ダブルで後衛にすると移動+1されるんですね。ティアモの後ろにつけて装備品として活躍してもらいました。

とまあいろいろと考えても、ひたすら西へ西へと動く村人が全てをぶち壊してくれます。なぜわざわざ移動力の高いペガサスナイトがいる方へ行く…!!せめて東に逃げてくれ!!
6章ほどではありませんでしたが、何度もリセットしました。もう村人きらい!
スポンサーサイト



テーマ:ファイアーエムブレム 覚醒 - ジャンル:ゲーム

ファイアーエムブレム覚醒-その2 5章のやりとり流出を装ってYouTubeに上げて戦争回避しようぜ

3章です。
フェリアとの国境砦に到着したクロム一行は、砦を守る兵にイーリスを騙る族だと勘違いされ、攻撃を受けます。飛んでくる槍から間一髪クロムを救ったのは、傷ついたペガサスの治療のため一団を離れていたスミアでした。空からペガサスで飛んできて、颯爽とクロムを拾い上げます。なにこれかっこいい惚れそうだけど筋力すげぇ

イーリスの王子は腕が立つと聞く!戦って証明してみせろ!というわけで戦闘です。だめだこいつら…全員脳味噌筋肉だ…同じ人間という種類だけど、全く違う生活を営む別の生き物だ…

このマップは東西両方に階段と扉があり、そのどちらも敵に守られています。勝利条件が敵将撃破なのでどちらか片方突破すれば良いのですが、せっかくなので両方倒しました。東側の敵がハンマーを落としたのですが、結局このマップでは使わず、アーマー特効がついていたことにあとで気づきました。
スマブラ拳のスナップで、アイクが漆黒の騎士のフィギュアに向かってハンマー構えてる写真あったやん…なんで気づかなかったねん…
あとレイピアにもアーマー特効あるやん…なんで気づかなかったねん…

先ほどのスミアがユニットとして使えるようになりましたが、弓兵が多いのでペガサスナイトの彼女を前に出すのはためらいます。ダブルも使えるようになったので、ずっとついてきたけど今やっと気づいてもらえたらしいカラムとダブルにして移動時以外は後ろにいてもらいました。

ボスはアーマーナイトだけあって防御が硬いです。反撃→敵ターンの流れを許してしまうと誰かが死ぬのは確実なため(リズに回復させようとするとリズが狙われる)、1ターンで確実に殺らなければいけません。クロムとダブルしたミーシャさんの魔法で間接攻撃を狙いましたが、相手も間接攻撃可能な武器持ってました。こちらのHPは残り4になりましたが、追撃が発動してなんとか倒せました。危なかった。
ハンマーかレイピア使えばもっと楽に倒せたのにな。

ボスに勝ったことでイーリスの王子と認められ(おかしい)、フェリア国内に入れることになりました。


ここでイーリス南方に外伝が発生。さっそく突入です。
そこにある村は、山賊に襲われていました。そこから逃げてきた青年ドニを加えて、山賊退治です。
このマップでドニのレベルを1上げると、ドニが仲間になってくれるようです。
しかし村人Lv1なので大変弱いです。フレデリクをダブル後衛につけて、なるべく他の人に削ってもらった相手を倒すようにしました。
でも削りってなかなか難しい。結局1度目の挑戦ではでは敵を倒しきれずに反撃を食らったドニが沈んで、記念すべき初リセットです。

どうやら北西にある宝箱を敵の盗賊が狙っているようなので、2度目では宝箱をフレデリク単騎特攻に任せてドニのダブルはヴェイクにしました。
襲ってくる敵を次々と沈めるフレデリク。1ターンで4人ぐらい倒したんじゃないでしょうか。しかし細い通路で敵に阻まれ、結局盗賊の方が先に宝箱にたどり着いてしまいました。ついでにドニも沈みました。

宝箱は諦めて、3度目で再びフレデリクをドニにつけます。あとから思ったんですけど、もしかして先に宝箱をとられてもその盗賊を倒せばアイテムは手に入ったんでしょうか。
そしてここで重要な事に気付いたんですけど、敵を選択した時に上画面に出る数字って相手に与えるダメージなんですね!まじかよ!乱数まで考慮に入れて感覚で削ってた今までってなんだったんだ!!まさか攻撃する前に相手に与えるダメージが分かるなんて…

doni
それに気付いてからは削りも上手くいき、結局ドニのレベルは2上がりました。これで晴れてドニは仲間です。


4章。
フェリア東王のフラヴィアに謁見します。
フェリアという国は東西に別れており、現在政治の決定権を持つのは西王のバジーリオらしいです。そのためイーリスに協力するには、近く行われる王の権利を決める闘技で勝つ必要があるとのことでした。
その闘技にクロムたちが代理で出場することとなりました。
相手側の代表はなんとあの仮面マルス。クロムにそっくりな剣術を使い、クロムと戦います。
リアルなムービーで見るとやっぱこいつらの戦い方ってすごいですね。高くジャンプし、空中で何度も縦に回転して敵に斬りかかる…

6人しか出場できない上に狭いマップで、しかも相手はガンガンこっちに突っ込んでくるので全員ダブルで戦います。
しかし相手強そう、気をつけないと!と言っていた割にはボス以外は楽に倒せました。ここで初めてハンマーが本来の力を見せてくれます。アーマーナイトを一撃粉砕。

さあ周りのやつらは全て片付けたのでいよいよ仮面マルスと対峙です。
ソールを突っ込ませたら倒されました。その人ウードの父親(予定)だから手加減してあげて!

リセットして再度挑戦。まず雑魚を倒し、今度は間接攻撃でHPを削っておく作戦に。
投げ斧と魔法で半分ぐらい削れたかなーと思ったら敵ターン始めに全回復しやがった!
そういえば玉座にいると回復するとか、ボスチクとか聞いたことある…!
6人を全員ダブルで3ユニット分しか攻撃できないので、ダブル解除して手数を増やして倒しました。ダブルすると能力は上がるんですけど攻撃回数が減るという欠点もあるのですね。まあ普段はこんなに出撃人数少なくないので問題ないでしょうけど。

西の代表に勝ったことで晴れて協力をこぎつけました。剣士ロンクーも派遣兵のおまけにつけてくれました。

このあたりでクロムとミーシャさんの支援がBに。風呂を覗かれました。
sienB

5章です。
めでたしめでたしで凱旋帰国…となればよかったのですが、イーリスでは既に事件が起こっていました。
マリアベルが西の国ペレジアに不法侵入した疑いで捕らえられたというのです。

彼女を取り戻すためペレジアとの国境近くへ行くと、そこにはペレジア王ギャンレルと側近インバースが待ち構えていました。マリアベルも拘束されています。
ギャンレルが言うには、マリアベルはペレジア国内に侵入し、ペレジアの兵を傷つけたとのこと。しかしマリアベルは、領内の村がペレジア兵に襲われていたため、それを止めようとしたところを捕らえられたのだと反論します。まあもちろんギャンレルの言い分を信じてる人はペレジア側含めてこの場に誰もいないでしょうなぁ

tinpira
うわーこれはチンピラですわー
しかしギャンレルは金を要求しているわけではなく、イーリスの至宝炎の台座をよこせと言ってきました。ファイアーエムブレムというやつですね!持ち主の願いを叶えるだなんてどこから発祥した伝承か知りませんけど!宝箱開ける鍵代わりじゃなかったんだ!

こちらが渋っていると、ギャンレルは兵をエメリナに向けてきます。
それをクロムが倒したことで戦いが始まりました。
危なくなったマリアベルは、自警団アジトに置いてきたはずの少年魔導士リヒトがインバースから離します。

山を登っていくこのマップ。ところどころ狭い道があります。
1ターン目、ユニット達を適当に登らせていきますが山の中腹あたりにリヒトとマリアベルがいたことに気づかず、敵ターンでリヒトが攻撃をモロに受けました。しかし仕掛けてきたのがドラゴンナイトだったおかげでリヒトの反撃ウインドの餌食になりました。

だが2ターン目、どう動かしてもこの2人は仲間ユニットと合流できない。周りは敵だらけ。積んだなーもう誰か倒される前にリセットした方がいいかなーと電源ボタンに親指が伸びましたが、ギリギリまで戦ってみることに。
移動力の高いマリアベルにリヒトを乗せ、フレデリクをなんとか敵の群れに近づけます。
結果マリアベルに向かってきたのは1体だけでなんとか耐え、あとはフレデリクがすべて受けてくれました。3ターン目でギリギリ仲間と合流し、危機を脱出。
1マスしか無い道をフレデリクが塞いでいてくれたおかげで他の柔らかいユニットに敵が行くこともなく、他の人達は別の道から回りこんで敵の群れを潰しました。
あとじわじわ削られるフレデリクを後ろのマスにいたリズがずっと回復していたおかげで2人の支援がCになりました。

ボスの兵種はドラゴンナイト。この山道でも自由に動けます。
同じく自由に動けるスミアが始めに対峙したのですが、「お前を最初に殺す」みたいな宣言のとおり、その後は逃げるスミアを執拗に追ってきます。
だがそれが彼にとっての仇となり、中腹あたりで増援を抑えていたヴィオールに沈められました。ずっと上にいればよかったのに…

戦いに勝ったはいいものの、こうしてイーリスとペレジアの戦争が幕を上げてしまったのでした。

テーマ:ファイアーエムブレム 覚醒 - ジャンル:ゲーム

ファイアーエムブレム覚醒-その1 3日のプレイが水の泡~っていうのは1マップに3日かかったってことなんです?

発売前から発売後1年半ぐらいまではずっと情報追いかけ続けていて、何度も買おうか検討してたけど遂に買ったよ!
発売日はゲーム禁止してた時期で、その後もタイミング逃し続けてたけど、スマブラにルフレ参戦と聞いて、スマブラの購入も未定だったのに使用キャラ決まってしまったので、じゃあ元ネタのゲームやらないわけにはいかないだろうと。もうあの参戦動画何回も何回も見ましたよ…デフォマイユニ男さんマジイケメンやでぇ…

ではまずは難易度選択です。実はFEは初めてなのでノーマルクラシックで。というかSRPG自体サモンナイトしかやったことないや…それも芳しくないし…初めてやった4なんて第1話で負けたし…
だれか死んだらリセットするつもりなので、だったらカジュアルでもいいじゃないかとも思いましたがせっかく初めてのFEなので、FEらしいシステム体験してみようと。

myuni
マイユニは、もしプレイするならこんな感じかなぁと妄想してたタイプ2髪3です。髪の色はもうちょっと明るくても良かったかもしれないなぁ。名前は例のごとくミーシャさんです。


それではストーリーを始めていきましょう。といってももうストーリー殆ど知ってるんだけどね!
どこにあるか、いつの時代かも分からない場所。クロムと2人で敵と対峙しているらしく、いきなり「最後の戦い」です。
下画面のドット絵可愛いですね。マイユニの髪型も反映されるのか…。
移動と攻撃のチュートリアルを兼ねているらしく、向こうは反撃以外何もしてきません。大ボスの雰囲気漂わせているのにそれでいいのかファウダー。
当然負けるわけもなくファウダーを倒したのですが、その後ムービーが入ります。
喜ぶクロム。それを見ているこちらの視界が赤く染まります。
体に雷の刃を受け、よろけるクロム。こちらの手の中には雷の残照が。
「お前のせいじゃない、お前だけでも逃げろ」と言い残してクロムは倒れ、視界は暗転します。


場面は変わって序章です。
草原で倒れていた自分は、クロムと女の子に助け起こされます。
このときのムービーのクロムが惚れさせに来てるとしか思えない。

tateruka
最後のこの表情な。
…ええ、1周目はクロムと結婚しようと思っていましたよ。でもこんなもの見せられたら惚れなおすしかないじゃないですか!バックグラウンドでもこの場面で

『……優しい目だ。そう思った。』

とか書かれてるし!
でもバックグラウンドって
『クロムが、笑顔をこちらに向けてくる。優しいその眼差し……』とか、
『精悍な顔立ちの青年が、穏やかな目であなたを見下ろしていた。』とか、クロムの目に対する好意的な描写多すぎじゃね?

助け起こしてくれた女の子はクロムの妹リズ、一緒にいたのは騎士フレデリク。そして自分はクロムのことを知っていたはずなのに、記憶を無くしていました。覚えていたのはクロムと自分の名前だけ。
主にフレデリクに怪しまれ、連行されることに。やんわり拒否しますが「町で話を聞くだけだ」とクロムに却下されてしまいます。
知ってる!それ言い訳を繰り返す不審者に対して言う「話は署で聞かせてもらう」ってやつだ!

しかし向かった町は火の手が上がっていました。山賊が町を襲っていたようです。3人共ミーシャさんのこと放り出して駆けて行ってしまいました。まあ逃げたとしてもどうすることもできないので追いかけます。
ここの戦闘もほとんどチュートリアル。とりあえず回復役のリズが前に出ないことだけに注意して、適当に突っ込んで勝ちました。

適当に突っ込んだだけだったんですけど、軍師としての才能を褒められクロム率いる自警団の軍師としてついていくことになりました。あ、動かし方じゃなくて下画面でマップとステータスが見える所買われた?
クロムたちは王都に戻る途中だったらしく、町の住民からの宿泊の申し出を断り、先を急ぎます。


ここでようやく第1章。
道中で夜になったため、皆で野宿です。クロムが捕ってきた熊の肉はクロムとミーシャさんだけでおいしくいただきました。FEの主人公は一人で熊ぐらい倒せないとだめなのか…
何かの気配を感じて目を覚ましたクロムは、リズと共に森の中へ様子を見に行きます。獣の声も虫の声も聞こえない、何かがおかしい…そう話していたところで、いきなり地面は割れ、炎は降り注ぎ、ゾンビは現れ、まさに世紀末です。バイオハザードってレベルじゃねーぞ!
クロムも応戦しますが、突如大量に現れたゾンビにリズが追い詰められてしまいます。そこに、ゾンビと同じく空に浮かんだ穴から現れた、仮面を被った青い髪の剣士。リズを庇ってくれました。フレデリクとミーシャさんも駆けつけ、戦闘開始です。

フレデリクが…フレデリクが強い…
敵を一撃で倒す…放置していても、襲ってきた敵の攻撃をNo damage!で防いで反撃で1撃で倒す…
ありがとうフレデリク、結婚相手は任せとけ…
でも皆の経験値を持って行かないで…

途中、自警団のソシアルナイトであるソワレと、なぜか彼女にくっついてきて求婚するアーチャーのヴィオールが増援として加わりました。
なんとなく北側と南側に分かれて、南側は大体フレデリクがかたづけました。でもちょっと気をつけないと意外と攻撃が痛いです。
戦闘の後、剣士に礼を言うと(今までどこに隠れていたのだろう…)、剣士は自分は「マルス」であると名乗り、この大陸には災いが訪れようとしている、と忠告して去って行きました。せめてどんな方向性の災厄かぐらい教えてくれないと対策の立てようがないのですが…

第2章です。
王都に着いた一行は、イーリス聖王国の聖王エメリナに労いの言葉をかけられます。エメリナと話があるというクロムを置いて、リズとともに自警団のアジトへ向かうことになりました。
そこにいたのは、自称クロムのライバル・戦士のヴェイク、ペガサスのいないペガサスナイトのスミア、なぜかこちらを敵視する縦ロール・マリアベル。リズが言うにはマリアベルは人見知りなんだそうですが、庶民と仲良くする気はないといってどこかへ行ってしまいました。カラムはナチュラルに無視されている。

自己紹介も終わったところでクロムが、隣国フェリアに行くことになったので同行者を募りたいとやってきました。屍兵(ゾンビをこう呼ぶようになったらしい)に対抗するため、戦士の国であるフェリアに協力を仰ぎに行くのだそうです。
これに名乗りを上げたのが、上記のマリアベルを除くメンバーでした。翌日、一行はフェリアに向けて出発します。ギリギリで緑ソシアルナイトのソールも合流しました。

道中で屍兵の一団と交戦です。チュートリアルでは3すくみについて解説。それを実践しろと言うように、敵の武器も剣、斧、槍の3種類です。
途中、ちょっとソールとソワレのHPが危なくなる場面があり、回復役がリズ1人しかいないのがもどかしく思いました。2章でこれとは先が思いやられます。まあソールについては、ソワレもフレデリクも槍だったので馬=槍だ!と思って剣を持った敵に突っ込ませたのも原因の一端ですが。いざ敵に斬りかかるところ見たら剣持っててびっくりしたよ。
そのなかでもフレデリクは安定の破壊神です。置いておくだけで敵が消えていく。
ヴェイクの斧を拾った魔導士ミリエルが増援として加わり、ものの受け渡しのチュートリアル。斧を得たヴェイクは攻撃力が高く、敵の殲滅に活躍してくれました。
イベントマスでソワレが拾ったオーシンの投げ斧を渡して、ぐへへ安全圏から攻撃だぜぇとボスに投げたら相手も投げ斧持ってて思わぬ反撃を喰らいました。下画面はちゃんと確認しないとダメですね。なにはともあれ殲滅完了。フェリアへの道を進みます。

sienC
クロムとの支援がCになりました。「お前女とは思えねーなwww」と言ったとも取れる発言にミーシャさんお怒りです。だからといって王子に石を投げるのはどうかと。姉は先王のせいで石を投げられたというのに、この弟は…

テーマ:ファイアーエムブレム 覚醒 - ジャンル:ゲーム