FC2ブログ

嵌ったら勝ち

プレイしたゲームや読んだ漫画の紹介を兼ねた感想なんかをポジティブに綴ります。気が向いた時に更新。ネタバレ考慮しません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後は?ストレート!! 第22話:真っ向勝負~今週のサンデー~

大河獲得の為に、強豪・広島カペラボーイズと戦う寄せ集めチーム・千刻ピタゴラス。
途中、睦月は疲労で投球が乱れながらも大河の一言で調子を取り戻し、2点リードで最終回を迎えます。

打席に立ったのは、千刻を読みの上手さで散々に苦しめた広島の捕手・紀藤。今回も睦月が低めの1コースしか球を持たないのを気づき、前とは違う左打席に入りました。
見事読みを当て、睦月のボールをファールで打ち返す紀藤。左打者にはインコースになってしまう睦月の球ですが、コースを変えるわけにはいきません。これには睦月も焦ります。しかし大河が「はわわすんな!」と一喝。

bunnaguru

殴るのかよ!お前、優等生演じてる設定はどうなったwww

2球目も同じコースをファール。しかし紀藤はインコースは得意らしく、打ち損じるのは珍しいとのことなのですが…
どうやら睦月は、疲労によって逆に無駄な力が抜けて、制球を気にしない本来のフォームに戻ったらしい。大河が認めたあのフォームです。

紀藤はこちらのチームだったら、解説役としてとても優秀なキャラになれますね。相手の事情・心情を推測できる能力…
いや、毎回毎回試合で解説してたら主人公よりも出番が多くなってしまうか。相手チームでよかった。

3球目。同じくボールはバットに当たり、飛んでいった球を千刻野球部員がキャッチ。3塁のランナーとほぼ同時に塁に触り、ジャッジは…アウト!7-5で千刻の勝利です。

おおおお寄せ集めの素人チームが強豪に勝ってしまいましたよ。そういえばこれが睦月にとっても作品としても初試合なんですよね。野球を始めたばかりの主人公が初試合で勝利とは、才能と短期間での成長が見て取れますね。
今は「寄せ集め」と称されるチームですが、今後メンバーがどうなっていくのかも見ものであります。
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

最後は?ストレート!! 第10話:投手は誰だ?~今週のサンデー~

溝口大河のチーム移籍を掛けた試合のため、白服の人材を集めることになった睦月たち。
睦月は幼馴染みでテニスの天才の波木美姫を、大河は1話に登場した柔道の梶谷康介を、そして神無も4人の白服を連れてきて、これで9人揃ったか(女子も含めてだけど)と思われたのですが…

神無の連れてきた白服は、俳句の天才松尾くん、書道の武田くん、漫画の手塚くん、ディジュリドゥのホーカットくん…
名前からして皆すごい天才なんだろうなぁとは思いますが、全員学術系のメガネ男子。活躍できるとしたらマネージャーか…でもそれは後々神無がやることになるんだろうしなぁ。というかディジュリドゥって何だ?

ディジュリドゥ(Didgeridoo, Didjeridu)とは、オーストラリア大陸の先住民アボリジニの木管楽器のこと。シロアリに食われて筒状になったユーカリの木から作られる。複雑多岐に渡る演奏方法・使用目的がある。(wikipedia-ディジュリドゥ)


だそうです。ということはホーカットくんはオーストラリアあたりからの留学生でしょうか。

この4人は、大河の態度に気を悪くして帰ってしまいます。まあ運動が苦手な学術系はチームに1人くらい居ても漫画としては面白いですが、4人じゃなぁ…

しかし1人だけ残っている人がいました。
hidohayuma

2年2組の火堂隼磨。彼はヒマだから協力してもいいと言いますが、神無は誘った覚えがないようです。そうですよね。さっき4人帰りましたもんね。


とりあえず残りは野球部に手伝ってもらうことにして、まずはピッチャーを決めることに。
大河が言うには、野球の勝敗はほぼピッチャーで決まるんだとか。そういえば野球漫画の主人公は殆どピッチャーですもんね。

nakayokusiroyo
自信満々の美姫とそれを一蹴する大河の衝突を宥める梶谷…
もしやこの3人で一番穏やかなのは梶谷なのか。第1話では彼もなかなか傲慢というか、俺様気質な感じだったのですが。


美姫と梶谷は、運動系の白服だけあってなかなかの投球を見せます。運動系は適正審査で一通りの球技は経験するらしいです。ディジュリドゥの才能も発掘するぐらいですからね。

しかし睦月は野球の審査は受けていないと。真っ先にやりそうなものですけどね。単なる手違いか、なにか思惑があっての事か…
恐らく後者でしょうが、野球だけ受けていないというのはまるで最初から野球の才能があることが分かっていたかのようですね。だとしたら他の試験を受ける必要は無いと思うのですが。

2人の投球を見ても、大河は不満気。自信のあった美姫が目を見張るほどの球を自分で投げて見せても、「投手は投手をやるべき奴がやるもんなんだ」と自分はピッチャーを拒否します。
ちなみに隼磨も拒否。この人は何が目的なのか。そもそも運動系か学術系かも分からないです。
そしてこの間ずっとさりげなくアピールをしている睦月ですが、誰にも気づかれてません。結局ピッチャーは大河がやるしかないんじゃないかという雰囲気に。


帰り道、睦月と神無は道端でものすごく悩んでいる様子の大河に出会います。恐らく待ち受けていたのでしょうね。
ピッチャーをやりたいかという大河の問いに、睦月は待ってましたとばかりに快く答えます。
そんな睦月に、大河は自分の鞄からグローブを出して、睦月に渡しました。

glove

うわーこれ絶対何かワケありのグローブだよー「大事に使えよ」って絶対そうだよー
でもその割には使い込んだ感じはないですね。誰かから送られて、何らかの事情で使う機会がなくなってそのままとかそんなんか。ん、でもそうだとしたら今日鞄の中にあるのはおかしいな。
睦月が大事に扱ってくれるといいのですが…

果たして大河の見る目は本当に正しかったのでしょうか。次の試合には分かるのか!?


<その他の感想>
ムシブギョー…勢いのある主人公っていいですね。

神のみ…珍しくグダグダな神にーさま。立て直しは限りなく不可能に近いと思われますがどうなるか…

アラゴ…ハミルトン教授生きてたー(゚∀゚)!!

はじあく…我聞を思い出すシリアス展開ですな。

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

最後は?ストレート!! 第2話~今週のサンデー~

新連載第2回です。
何かしらの才能を見出された者のみがなれる、千刻学園の「白服」に選抜されながら、未だ何の才能も発揮できずにいる主人公:高津睦月。
『灰色の天才(グレージーニアス)』なんて二つ名までつけられてお前本当に存在感無いのか!?
存在感が無いということで有名になり、皆に存在を気にかけられるようになってしまった某空気王のようです。

野球の天才として転校してきた同じく「白服」の溝口大河に、会った途端に絡まれてしまいます。どうやら向こうは睦月のことを別人と勘違いしているようなのですが…


偶然人が通りかかったことで、なんとか逃げ出すことができました。
ただでさえ毎日が憂鬱なのに、心配事が増えて食欲も無い様子。これは辛い。
白服となった生徒の才能は学校側が見つけてくれるようですが、睦月はどんな分野の天才かも知らされていないんだとか。
姉の神無はそれが逆に何かあるんじゃないかと見ているみたいですが…そうだったら学校もそう言ってくれれば余計な劣等感を感じなくても済むのになぁ…もしかしたら本当に何も無いと思われているのでは…

そして1話では嫌がる睦月を無理矢理引っ張りまわしていただけに見えた神無が、実は一番睦月を信じて応援していたとは。
しかしその方法は強引です。翌日も睦月の耳を引っ張って登校させます。もうちょっと優しくしてあげて!

1時間目が始まる前、教室に着いた睦月は大河に呼び出されました。
わけの分からないまま大河のクラスの体育に参加させられ、野球のピッチャーを任されます。
どうやら睦月を昔戦ったライバルだと信じて疑わない大河は、野球をやらせることで化けの皮を剥いでやろうとしているらしく。

naguru

殴るのかよ!
お前…一応周りには優等生キャラで通して、プロを目指してるんだから…
暴力沙汰の噂がたっても普段が優等生なら疑われることはないかもしれませんが、証拠とか何かボロを出してしまえば一発で終わりだろうに…www


大河の期待に反して、睦月のピッチングはボロボロ。当然といえば当然なのですが。
無死満塁まで試合が進んだところでギャラリーの女子が、投げているのが別のクラスの睦月だと気付きます。
そこで名簿を見せられて、ようやく大河もライバルと睦月が別人であることが分かったようで…

hitotigai

こいつ…ただの馬鹿だ!
散々人に絡んでおいてオチがそれかwwww

とにかく、この状況の責任をとってボールの投げ方を教えてもらうことになりました。
大河に言われるがままにフォームを作って投げてみると、ボールは真っ直ぐ飛び、いい音を鳴らしてキャッチャーミットの中へ。
さすが白服の教え方だと納得するギャラリーと睦月ですが、一人納得出来ないのが当の大河。
いくら何でも1回教えただけでそれはないだろうとびっくりです。
しかもそのフォームは、大河が完敗したというライバルの御門威人のものに瓜二つらしい。外見も動作も瓜二つ。これはどういう事なのか…

1.生き別れの双子
2.記憶喪失の同一人物
3.二重人格
4.レプリカと被験者
5.憑依合体
6.パイルダーオン!

さあどれだ!


<その他の感想>

神のみ…少年誌だから大丈夫ですが、作品によってはNice boat.になってもおかしくない展開ですね。

鋼鉄…今の日本で中世貴族のような振る舞いをしても滑稽なだけなのでは…wwwお前の紳士像はそれでいいのか。そして紳士はきっと2ドア冷蔵庫で喜ばない!

テーマ:週刊少年サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。